ブログ閉鎖中の話題(2017年4月12日)

「花冷え」という言葉があるが、今年の花見は全くそうである。
3月21日に東京で開花宣言が出されてから、なかなか満開にならない。
4月1日~2日の週末が満開かと思ったら、それも駄目だった。


東京ミッドタウンに作られて富士山。



今年の花見はダラダラとして締りが無く、どうも私をスッキリさせてくれなかった。
毎年のように桜の写真を撮りに行っていると、もうかなりマンネリとなり行く気がしなくなる。

それでも私の桜情報を待っている人もいるので、どこか変ったものはないかと探す。
そして見つけたのが、東京ミッドタウンの「富士山のプロジェクション・マッピング」だった。


暗くなると、東京ミッドタウンに作られた富士山に映像が映し出される。



4月5日に東京ミッドタウンの裏の芝生の庭園に、巨大な富士山が作られていた。
暗くなると、プロジェクション・マッピングで富士山を彩る仕掛けのようだ。
「富士山と桜」と言えば、どちらも日本を代表するシンボルのようなものなので、これをカメラに収めればみんなに喜ばれると思った。


数秒ごとに映像が変化する。



まだ明るい内に撮影ポイントを調べておいた。
昼間は暖かかったのに、夕方から寒くなって来た。
開始までを過ごす為に座る場所を探してウロウロし、スタバで席を確保して抹茶クリーム・フラペチーノを注文する。




だが、これを気楽に注文出来ないのがジジイの悲しいところである。
飲みたいものは分かっているのだが、名前が分からない。
「抹茶で出来たやつ」と言ったら、「抹茶ラテですね?」と言われた。
「それは冷たいもの?」と聞き返したら、「暖かいものです」と言われた。




抹茶ラテとは緑茶にクリームを入れた暖かい飲み物だそうだ。
「それではなく、抹茶のシェイクした冷たいやつ」と言って、やっと通じた。
私の後ろに並んでいたOLらしき女が、私をバカにしているように感じた。(これも僻みかな?)




開始時間になったので、会場に行く。
見物客は思ったより少なく、50人くらいか。
10分おきに3分間のプロジェクション・マッピングで富士山に映像を投影する。

音楽と共に映像が激しく入れ替わる。こんな素敵なものを無料で見せてもらって申し訳ない。無料だからというわけじゃないが、3回見て堪能して家に帰った。




(おまけの話)
今回の桜撮影は一日掛かりだった。
午前10に家を出て、戻ったのは午後8時過ぎだったので、昼飯と夕飯を外で食べた。
六本木の飯で私のお気に入りが何軒かある。いずれもあまり高くない。
昼飯は六本木ヒルズの中にある、中華料理店の「梅蘭」である。


「梅蘭」の焼きそば(930円)     スープセット(880円)



ここでは焼きそばがお勧めである。
他の店と違い、焼きそばが鍋の底で焼かれて、丸く焦げた形で裏返して出て来る。
これが私は大好きで、機会があれば食べているが、今回は予想外のことが起きた。

1人前を食べ切れないのである。無理して食べたら、いつまでも腹が苦しくて参った。
悲しいかな、焼きそば1人前で年を感じたのである。




うろついた後の夕食の時間になっても腹が空かない。
仕方ないので、東京ミッドタウンにある虎屋でお汁粉を食べて済まそうとした。
店の入り口にあるメニューを見て驚いた。たかがお汁粉なのに、1944円と書いてあった。

さすがにバカバカしくなり、その先のスープストックで「スープ・セット」を注文した。注文してから店を出るまで、誰もお客が来なかった。
あまり美味しくなかったが、そのせいか・・・。



伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,411,896

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,411,896

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ