今回は「ウォール・アート」を、中央区と千代田区の一部で見て歩いた。
どこが中央区と千代田区の境界線か調べてみたが、非常に分かり難かった。
私の予想に反して、JR有楽町駅や交通会館は千代田区だった。
高速道路下のショッピング街「インズ」は中央区で、ここは昔は川だったので、その川が境界線のようだ。

有楽町駅からお堀の方に歩いて行くと、ビルの壁に巨大な女性の歩く姿がある。
これが「なにか?」は、どこにも説明が無いので分からない。


大きな女性の歩く姿「千代田区のカフェ」



数寄屋橋交差点に角にあった「ソニーパーク」は、まだ工事中である。
ここにある防護壁は少し前に絵柄が変ったが、なんだかボヤケているように見える。
初めて撮影した時は、「ピンボケ」と思ったがそうではなく絵がボヤケていたのだった。それは歩いている人を見れば分かる。


ソニーパーク(中央区数寄屋橋)



銀座通りの4丁目交差点から新橋方面に向かった、すぐ右側にワシントン靴店がある。
隣はソフトバンクである。その境目のワシントン靴店の壁にアートがあるが、誰も気が付かない。若い女の子が窓から店の中を覗いている。

気が付かない理由は、これが絵だと思えないほど風景に溶け込んでいるからだ。
私がマンションの友人達にこの写真を見せても、『そんな絵があるのは知らなかった』と言う。アートは「こうでなくてはいけない」のかもしれない。


「覗く女の子」(中央区銀座)



銀座松屋デパートの横を入り、昭和通りに向かうと、少し先の左側に「王子サーモン」という店がある。ここは「王子製紙」の子会社である。なぜ製紙会社がサーモンを売るのか?

ところがTwitterでは、『助けて下さい。私達は50年以上愚直にスモークサーモンを作って参りましたが、今は大変厳しい状況が続いています。・・・。このままコロナが長引くと、お店の存続すら怪しくなって来ます』という泣き言が投稿されていた。
壁に描かれたデザインは、なにを意味するのか不明。


 (中央区銀座)…王子サーモン



晴海通りから中央区役所へ行く道路の右側は、現在、大規模な再開発が行われている。
工事現場の保護壁には、地元の小学生の描いた絵が貼り出されている。
最近の工事現場は以前のような殺風景な感じはなく、アートを飾るようになった。
プロのアートでなく、地元小学生のアートは「ほんのり」とする。


 工事中の壁に「小学生の絵」(中央区役所近く)



まだまだ探せば中央区にはウォールアートはあるし、思い付く場所もある。
でも今回は近場で済まそうと不精をした。
そして気が付いた。最近は煉瓦作りのものを見掛けることが少なくなった。

JRの電車は有楽町から新橋までは、煉瓦の高架の上を走っている。
これが私にはアートに見える。落書きさえも、場所によってはアートになっている。


落書き(JR高架下)



有楽町から新橋までの高架下は、お洒落な店が集まっている「コリドー街」である。
コリドーとは英語の「corridor」で、これは回廊、通路などの意味だそうだ。
中はお洒落だが、外は昔から変わらない光景である。

そこを各店が精一杯、頑張って色々なアイディアで競っている。
これが私には「アート」に見えるのである。


 飲食店の派手な入口(JR高架下)



(おまけの話)
銀座はコンクリートばかりのような気がしている人が多いが、そうではない。
道路には歩道と車道の間に、狭いが植え込みを用意している。
そこに今の時期には若葉と、見事な花が咲く。

日比谷交差点角のペニンシュラ・ホテル横に「マロニエ」が植えられている。
いまマロニエに花が咲いている。大きな木なので、見上げる人は少ないが綺麗だ。


 「マロニエの花}(ペニンシュラ・ホテル横)



「みゆき通り」に行くと、そこには奇妙な白い花が咲いている。
「Google Lens」で調べたら、「ヒトツバタゴ」という花だと分った。
冬の間は葉が落ちて、この通りは寂しくなる。

それが春になり若葉が出て、花が咲き、秋には紅葉する。そして冬にはなにも無い。
私は「これは自然のアートだ」と思った。
高名な芸術家の誰かが言った。『その人がアートだと思えば、アートなのだ』


 「ヒトツバタゴ」(銀座みゆき通り)



「みゆき通り」には思い出がある。
大学生の時に、「みゆき族」というのが流行った。
お洒落な若者が「VAN」などの服装で決めて、この辺りをブラついていただけの話だ。

大学の同じクラスのMという男が「みゆき族」だったのを思い出した。
彼は確かにお洒落だったが、残念ながら「いい男」ではなかったなー。
ドウダンツツジの小さな提灯のような花は「アートだ!」。


 「ドウダンツツジ」(銀座みゆき通り)


伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,412,553

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

コメント

  1. Shinji
    Shinji
    返信

    荒々しい工事現場を囲う壁が色彩溢れる壁に変身しているのは、都市に住む人たちへの思いやりですね。2-3年で取り去られてしまうものですが、工事期間中、通行人に安らぎを与えるアートです。

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,412,553

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ