【マイナポイント詐欺】
ネットには次々と、私を騙そうとして詐欺メールが届く。
『マイナポイント第2弾は20,000円相当のマイナポイントを提供しています。初回イベントに参加してポイントを獲得しても、今回もイベントに参加できます。この活動は2023年10月末まで続きます。お早目の手続きをお願いします』

このメールは10月24日に届き、残り日数が少なくして焦らせる。
面白半分に「申請を始める」をクリックしたら、写真のような画面になった。
Microsoft からの警告文だった。頼りになるなー。


「申請」をクリックしたら現れた警告文



【財政非常事態宣言】
ある日の夕方のTVニュースで、山梨県のある町が財政非常事態宣言をしたことを報道していた。『大変だなー』と他人事のように聞いていたら、続いて全国の6つの財政非常事態宣言市を知らせていた。そして驚いた。いつも「多摩格差」と怒っているYさんの住んでいる「日野市」が、そのに中にあった。

日野市は以前は豊かな財政だったはずなのだが、どうしたんだろう?
それなのに私の住む中央区は財政豊かで、大盤振る舞いをしている。これがいつまで続くのだろうか?


 「高幡不動尊金剛寺」(日野市)



【反対方向】
最近の私は「慌て者」になったか、または「ボケた」かのどちらかのようだ。
地下鉄「大江戸線」を利用るることが多いが、私の乗る「勝どき駅」はホームが別々になっている。だから進行方向を間違えることは無い。
しかし帰りには上下線が同じホームの駅が多い。

階段を降りている時に電車がホームに入って来ると、慌てて来た電車に飛び乗ってしまう。しばらくして電車が逆方向に向かっているのに気が付く。それも3駅も過ぎた辺りである。方向感覚も変になっているようだ。


「大江戸線」の車内



【観光化した本願寺】
私は時々、本堂で静かに本を読むために、築地本願寺行くことがある。ところがインバウンドのせいで、築地本願寺にも観光客が大勢来るようになった。それは地下鉄「築地駅」から、築地市場へ行く途中にあるからかもしれない。静かに見学するだけなら文句は無いが、マナーが悪い。

本堂でも帽子は脱がない。平気で写真は撮る。本堂へ上がる石段で写真を撮る外国人は多いが、中にはアジア系の若い女性などは、寝そべってポーズを取る始末だ。築地本願寺の建物は伝統的な木製ではなくコンクリート製なので、「なに教」か分からないのかもしれない。


「築地本願寺」の本堂石段



【フォトコンテスト】
マンションのデジカメクラブの女性会員のSさんからメールが届いた。
『全日本写真連盟東京本部・朝日新聞社主催のフォトコンテストに応募したところ、最優秀賞を頂きました』とあった。

彼女が入会した時は全くの初心者だったが、メキメキと腕を上げて、もう私達は足元にも及ばなくなった。私はせいぜい中央区観光協会などのレベルのフォトコンテストに応募するくらいである。それでも入選しない。今年の私は頑張って5点を応募したが、果たしてどうなるか?


 中央区観光協会フォトコンテストの応募作品



【山ほどのスタンド花】
昭和通りを越した銀座の裏町を歩いていたら、歩道が埋まるほどのスタンド花が出ていた。そこには若者が10人以上も立っていて、なにかの店の開店を待っているようだった。スタンド花の宛名を見たら、「祝ソフトビニール・怪獣展」と書かれていた。

なんだか全く分からない私は家に戻ってから、ネットで検索してみた。
すると「ビニール・ゾル材で作った怪獣の作品展」で、熱狂的なファンがいるようだ。展示会は有料でメールで事前申込となっていた。それよりビックリしたのが、待っていた若者の足の刺青だった。


入れ墨の絵柄がなにか不明。



【夕焼け】
秋になったのが関係あるのかどうかは分からないが、最近の夕陽が綺麗だ。
午後5時頃から段々と太陽が沈んで行き、遠くに見える富士山の右へ落ちて行く。
その日によって、空が真っ赤になる時がある。
ビルの屋上の4基のクレーンさえも絵になる。

富士山の手前に見えるコケシみたいなものは、アンテナらしいが邪魔だ。
これから冬に向って太陽はドンドンと右方向へ沈んで行く。
そしていつ頃になるか、太陽は東京タワーの中に沈んで行くのである。


中央に富士山の上の方だけ見える。



(おまけの話)【ウォーターズ竹芝】
EV船に乗るために26日に「ウォーターズ竹芝」に行ったら、オープン3周年記念イベントをやっていた。ここは大島などに行く定期船が出る、竹芝桟橋の裏の水辺の施設である。浜松町駅からは徒歩10分弱と少し遠いが、天気の良い日は気持ちが良い場所だ。

女性が配っているパンフレットもらったら、色々なイベントが計画されていた。
10月27日から29日までの3日間であるが、家の窓からも見える距離なので行ってみることにした。


 ジャグリングの演技



28日のジャグリング、音楽演奏、Jazzナイト、雷光炎舞を見ることにした。
午前11時30分のジャグリングから、午後7時30分の雷光炎舞までの長時間である。
ジャグリングと音楽演奏だけを見て、次に新宿で行われている「只見線を撮り続ける男」というカメラマンの「星 賢孝」の写真展に行った。

私は只見線が大好きなので、ギャラリートークも参加した。終ってから急いでウォーターズ竹芝に戻った。引退オヤジなのに、忙しいことこの上ない。


 「朝本千可」という女性のサックス演奏



午後6時に日没となり、サックス演奏を見た多くの人は帰り出した。
私はファイアー・パフォーマンスが目的なので、6時30分まで待った。
しかし始まったと思ったら、2~3分で終ってしまった。
これはプレショーで、本番は7時30分からだと知った。

初めての条件での撮影だったので色々と試してみたかったが、それは出来なかった。
寒くなって来たしそこまで待てないので、急いで歩いて家まで戻ったのであった。
でも満月の下で、1人で夜のエンターテイメントを楽しんだ。


「雷光炎舞」というファイアー・パフォーマンス


伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,412,216

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

コメント

  1. 三多摩格差(Y)
    三多摩格差(Y)
    返信

    ブログに登場する事は嬉しいのだが、日野市の事となるとやはり悲しい!財政破綻といえば、市民病院の閉鎖や小学校の統合、インフラ整備の遅れ等々市民生活が圧迫され、怒りの持って行先もない。老齢化率の上昇の著しい日野市には我々年金生活者の増加が止まらずに市民税収入が増えない。法人税収入は、大企業の日野市からの転出が多いのに加えて、国や都へ80%にもなる天引き税の打撃が大きい!何とかしろ!!

  2. 三多摩格差その2(Y)
    三多摩格差その2(Y)
    返信

    財政再建に励む日野市の市長は、我が母校の後輩でもある。優秀な人材であることは勿論非常に真面目に職務に取り組んでいる事が良く判る!
    唯、残念なのは、市長になった時代が悪かった。前市長たちの無策で、企業の流出を食い止める事が出来ずに工業団地に空白地を多く作り出してしまった。後を引き継いだ現市長には多くの負債ばかり残されていたのである。
    同じ都民でありながら、多くの我慢を強いられじっと下を向いている市民の嘆きを伝えたい!

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,412,216

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ