新聞の折込広告で1月末までの限定で、「東京駅→佐倉」片道500円という広告があった。これは通常料金の半額だそうである。
昨年の11月に私がマンションの友人と2人で、奥長野へ撮影旅行に行った時に、女房達は千葉県の「佐倉」にバス旅行に行っていた。

その時の話で佐倉の「竹林」と「武家屋敷」が、「とても良かった」と聞いていたのを思い出した。どうせ暇だし日帰りできるし、「予約不要」も引き金になり佐倉へ1人旅をすることになった。女房達が行った時は、大型バスに2人きりだったそうだ。


東京→佐倉(500円)



バスは定刻の9時10分に東京駅を出発し、1時間40分で京成佐倉駅に到着した。
寒暖計を見たら、外の気温は6℃だった。この日は東京と同じくらいの気温だが、東京から田舎に来ると寒いと感じる。とりあえずは、近くにある観光協会に行ってみた。
この時期は観光客もほとんど来ないらしく、とても親切に説明してくれた。

パンフレットをもらい、歩き出す。突き当りに「佐倉市立美術館」があったので、中に入ってみた。3階と4階に、189点もの絵画と陶器が飾ってあった。入口の係の女性に聞いたら、『全て佐倉市民の作品です』と言っていた。佐倉市は文化度が高い。


 佐倉市民の作品(佐倉市民美術館)



佐倉市立美術館を出て、観光協会でもらった案内図を見ながら「武家屋敷」に向かう。
地図が小さいので、遠いのか近いのか分からない。
所々に、案内看板が出ている。しばらく行くと「くらやみ坂」に出た。
あとどのくらいか書いてないので、近そうだが分からない。

人気のある観光地では、ゾロゾロと歩いて行く人の後に続けば目的地に着く。
ここでは誰も歩いていないので、少し心配になって来る。


「くらやみ坂」の案内看板



やっと武家屋敷の前に行ったら、「手前の旧河原家で入場券を買ってから見学してくれ」とあり、少し戻る。入場料は3軒を見て、250円だった。
旧河原家は大屋敷、旧但馬家は中屋敷、旧武居家は小屋敷だそうだ。屋敷は藁ぶき屋根の粗末な造りで、あの時代はこれでも武家屋敷だったのだと理解した。

3軒は1820年~37年頃の建築で、この場所に移設されて公開されている。
佐倉藩は徳川家康の下で藩主が頻繁に交代したが、老中を多く輩出している。
石高は2万2000石~11万石までいたようだ。


 旧但馬家の鎧兜



武家屋敷を見た後に、次の「ひよどり坂」へ向かう。
ここは竹林が有名で、LINEトラベルJPで「旅人大賞2018」を受賞している。
武家屋敷の方向から行くとそこは下り坂で、両側に竹林がある。
私の子どもの頃は竹林なんて珍しくもなく、どこにでもあった。

そして思い出した。『地震の時は、竹藪に逃げろ!』と年寄りが言っていた。
「ひよどり坂」は150メートルあるが、下ってからまた上ったが誰も来ない。
観光地で誰もいないのも、結構寂しいものだ。


「ひよどり坂」



寒くて寂しいので昼飯にしようとしたが、観光地なのにどこにも店が無い。
前回、女房達が昼飯を食べたと聞いた蕎麦屋が来る途中にあったので、そこまでかなり戻った。店に入ったら8テーブルのまあまあの大きさの店だが、満席なので少し待つ。「餅そば」を注文して、30分くらいしてやっと出て来た。

いつもは5分以内で出て来る店ばかり行っているので、少しイラつく。
でも餅が2個も入っていて、とても美味しくて体が温まった。


そば処「房州屋」



そば屋を出て、最後の目的地の「佐倉城天守跡」を見に行くことにした。
強い北風が吹き帽子が飛ばされるので、コートのフードを被る。
なんだかネットの、闇バイトの犯人みたいな風体になってしまった。
そば屋からはかなりの距離だ。佐倉城址公園に入るが、ここがとても広い。

天守跡は一番奥のようだ。やっと人に会えたら、近くの高等学校の体操時間の生徒達が集団で駆け抜けて行った。帰りは「バスは無いのか?」と愚痴りながら、佐倉駅まで歩いて行った。寒くて疲れたー。今回の費用は「バス代1000円」、「入場料250円」、「餅そば950円」で、合計2200円の旅だった。


 佐倉城天守跡



(おまけの話)
東京駅八重洲口の「ミッドタウン八重洲」のB2から、バスは出る。
1日4便なので、最初の9時10分発に乗ることにした。マンション前から都バスに乗り「月島駅前」で、「東京駅八重洲口」行きに乗り換えた。

東京駅の地下道を通り、ミッドタウン八重洲の地下2階のバス乗り場に行く。初めてこのバス乗り場に行ったが、なかなか良く出来ている。


出発前の誰もいないバスの車内



9時になり、13番乗り場にバスが入って来た。私が乗ったが、後は誰もいない。
「今日は私だけか?」と思っていたら、2分前になって2人の女性が乗って来た。
私は大型バスを「1人で貸し切り」と思っていたので、少しガッカリ。

定刻にバスは出発し、順調に走り四街道駅前に10時20分に到着した。
下車する時に、500円を支払った。
女性2人は組ではないので、別々の方向に去って行った


首都高速道路を走る



帰りのバスの中で気になったので、家に帰ってから調べてみた。
行きも帰りも乗客は3人だったので、バス会社の収入は往復で(500円×3人×2=3000円)である。宝町(東京)から高速出口の四街道までを、ネットで検索してみた。
すると大型車のETC料金は(2270円×2(往復)=4540円)となる。

走行距離は片道約80キロであり、大型バスの燃費は3km/1Lらしいので、燃料費を計算すると往復で約8200円となる。高速料金と燃料代で、約1万2740円となる。3000円の収入では大赤字である。これに運転手の人件費も掛かるのだから、その内に廃線になるかも?


 四街道ICから途中までの料金


伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,412,556

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

コメント

  1. Shinji
    Shinji
    返信

    一人旅はいいもんですが、真冬の閑散とした地を行くのはちょっと覚悟が要りますね。早くうちに帰って炬燵で暖まりたい、などと、やわなことを考えてしまう私です。

  2. 好奇心(Y)
    好奇心(Y)
    返信

    元気の秘訣は「好奇心」にあるようですね!
    とても関心の持てない事にも「好奇心」を持って動いてみることが元気になる秘訣と言えましょう。千葉県佐倉市へ500円で行けると聞いて、関心を持つ気持ちが判らない!!!
    良い事だが、私には無理なことだ!
    毎日の話題探しに取り組む姿勢を評価している。頑張ってください。

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,412,556

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ