ブログ閉鎖中の話題(2014年1月20日)

東京都が70歳以上の都民に、格安でプレゼントしてくれている「都営交通に全て乗れるパス」がある。パスの名称は「東京都シルバーパス」という。
都内に住んでいると、時間さえ気にしなければそのパスでどこへも行ける。
マンションに住む友人から、「このパスを使って、舎人ライナーに乗りにいかないか?」と誘われた。


舎人ライナーの始発駅の「日暮里駅」から



「舎人ライナー」というのは、都営の公共交通機関である。
東京都は「地下鉄」、「都バス」、「都電荒川線」、「舎人ライナー」という4つの交通機関を持っている。
普通の人は3つまでは知っているが、「舎人ライナー」は初耳かもしれない。


反対側から電車が来た



今年一番の冷え込みという朝に、マンションの前から「亀戸行き」の都バスに乗り、本所吾妻橋で降りる。
そこから都バスを乗り換えて、「日暮里行き」バスで日暮里駅に行く。
ここまで約50分掛かった。日暮里駅まで腹ごしらえをして、舎人ライナーに乗る。


「舎人公園駅」。 ここが途中駅で一番立派である。



荒川区の日暮里駅が舎人ライナーの始発駅で、終点は足立区の「見沼代親水公園駅」である。私は舎人ライナーには乗ったことが無いので、今回が初体験である。
電車は「ゆりかもめ」と同じ方式で、高架上をゴムのタイヤで走る「新交通方式」である。終点までは21分で、見晴らしが良いので、なかなか快適な旅である。

途中駅の「熊の前」で、都電「荒川線」と交差する。早稲田に行くには、ここで乗り換える。これに乗って分ったことがある。「東京都は金持ちなんだなー」と実感出来る。


見沼代親水公園駅近くの「親水公園」。



終点の見沼代親水公園駅までは約20分で、電車を降りたら駅の周りには何も無い。
親切そうな地元のオバサンがいたので話をした。「舎人ライナーが出来るまでは、ここは陸の孤島だったんです」ということだった。確かにその雰囲気が残っている。


鯉が放流してあって、「釣り禁止」の札があった。



この辺りは地価も安いらしく、「4LDKで2850万円」などという看板が見える。
家々も小さな建売がびっしりと並んでいて、住民の所得もあまり高くないように感じる。でも、念願のマイホームなのだろう。 玄関先の駐車場には軽自動車が見える。

若い人達が頑張って買ったと思うと、小さな幸せを見せてもらったような感じがした。古そうな建具屋があったが、新築ばかりのこの辺では商売はどうなんだろう?


古くからの「建具屋」。



帰りも同じ経路でタダで戻ったが、日暮里駅近くで連れが「休もう」と言った。
甘味処に入り、「お汁粉」を食べたら580円もした。せっかく往復無料パスで行ったのだから、お金を使う時は200円のコーヒーチェーンくらいにしないといけなかった。
シルバーパスを持っていると、段々とケチになるような気がする。


氷川神社。 今にも倒れそうで、鉄棒で両脇を支えてある。



(おまけの話)
すぐ帰るのももったいないので、終点駅の近所を歩いてみた。
「見沼代親水公園駅」という名前通りに、「親水公園」という公園があった。
小さな公園で、少しばかりの水が流れている。
親水公園という名の公園を墨田区などで良く見掛けるが、もとは水路だったようだ。


神社の鈴も小さくて、可哀そうだった。



他に何かないかと探したら、近くに氷川神社という名の神社があった。
古い、今にも倒壊しそうな神社で、そこにいた地元民に聞いてみたら、『神社の歴史は分らない。分るような年寄は、みんなアチラの世界に行ってしまった』と言っていた。

しかし神社の境内で嬉しい光景を見た。
それは「木登りをする子供たち」である。


木登りする子供達。 これを見た時は感動した。 年のせいだね。



今はもう日本から失われてしまっていると思っていた、「子供たちが木登りをする」姿を見た。また、近所の男の子達と女の子達が、寒い中を神社の境内で遊んでいる。
神社のコンクリートの上に座っている女の子が2人いた。近寄って見ると、漫画だった。

ゲームばかりやっていて家から出ない子供達ばかりの今の時代に、このような子供達を見て私は嬉しくなった。この光景は結構、感動ものだった。
良いものを見せてもらったと感じた日だった。


神社で漫画を読む女の子2人。ゲームでないところが偉い!


伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,412,552

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,412,552

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ