「SusHi Tech TOKYO 2024」のイベントとして、「空飛ぶクルマ」の実演があった。
場所は東京ビッグサイト東棟屋外駐車場で、5月に4日間で8回が行われた。
事業者は丸紅エアロスペース社で、機体はAIRCRAFT社の「HEXA」である。

今回のSusHi Techでは何回か「空飛ぶクルマ」を見たが、実際に飛ぶところを見せてはいなかった。そこで人数によっては入場制限があるようなので、5月23日の午前11時の回を見るために早目に現地に行ってみた。


 駐車場に置かれたドローン


家の前から東京BRTに乗り、「国際展示場」で降りる。
「空飛ぶクルマ」の実演は、東京ビッグサイトの東棟の奥の駐車場であった。
10時からの受付なので、9時40分に現地に着いた。
ところが観客は誰も来ていない。心配になる。10時になったら、3人になった。

実演は11時からなので、会場内で待つ。段々と観客が増えて、100人くらいになった。
アナウンスが『テストフライトを行います』と伝えた。
駐車場にはどうみても「空飛ぶクルマ」ではなく、ドローンが置いてあった。


 機体にバッテリーをセットする。


隣にいたオヤジが話し掛けて来た。『あれが空飛ぶクルマですかねー?』
係員がドローンに近付き、実演の為の作業を行っている。
それがいつまでも続く。遂にアメリカ人技術者も出て来て、色々やっている。
プロペラの下に着けてあったバッテリーらしきものを全て外した。

そして手押し車がやって来てそれを持ち去り、最後に機体も運び去った。
どうやらこの日の空飛ぶクルマの実演は中止のように見えた。    


飛べずにバッテリーを外して片付ける。


10時になったら、司会者が「空飛ぶクルマ」の説明を始めた。
すると先ほどのドローンではなく、本物の空飛ぶクルマが登場した。
技術者たちが出て来て数あるプロペラの下に、先ほどと同じ四角い物を装着している。

これはバッテリーらしいが、なぜ事前にセットしておかないのか分からない。
その後、彼等は念入りに機体各所を点検をしている。


駐車場に電動荷車に乗せられて来た「空飛ぶクルマ」


司会者が操縦者のアメリカ人を紹介し、空飛ぶクルマに乗り込んだ。
『彼の名はXXで、わざわざこのために来日しました。空飛ぶクルマは操縦が簡単で、1時間くらいの練習で誰でも操縦できます。離陸と着陸は自動で行うので、安全です。プロペラの風で持ち物を飛ばされないように、鞄に入れてください。それではスタートします』。

そしてプロペラが廻り出した。
「音もなく上昇」と言いたいところだが、音がかなりうるさい。


 操縦士が乗り込む


自動運転で離陸するところを見せるために、操縦士が両手を機体から横に出している。
10メートルほど上昇した後に、機体は前進した。
機体を見ていると、なぜか私はその形から「蛸」を連想した。
足は6本で胴体は楕円形で、頭に円周上に16個のプロペラが付いているように見える。

1人乗りの機体で、見ていて落ちるのではないかと思い怖い。
イランでヘリコプターが墜落し、大統領が亡くなったばかりだからなのかもしれない。


空飛ぶクルマは駐車場内を、右に左にと旋回しながら飛ぶ。
観客からは離れているので、プロペラの風は来ないが音はかなり大きい。
これが実用化されるまでには、まだまだ色々と解決しなければならない問題があるだろう。私の考える一番の問題は、「上空で故障したら、落下する」ことである。

20分くらいのデモンストレーションを終えて、空飛ぶクルマは着地した。
観客から拍手が起きた。機体から降りて来たアメリカ人操縦者は、スターのように手を挙げて我々の方に歩いて来た。


 操縦は簡単らしい。


(おまけの話)
空飛ぶクルマの実演が終ったら、昼時になった。
東京BRTの乗り場に行く途中に、レストランの建物があった。
中に入ると「COCO'S」という洋食チェーン店があったので、ここでランチにした。

入口を入るとモニターがあり、そこで自分で受付をするとプリントされた紙に番号が書かれている。壁の上に大きな画面があり、しばらく待つとそこに自分の番号が現れる。


 席のモニターのメニューで選ぶ。


次にまた自分でプリントの数字をセンサーに当てると、番号が書かれた紙が出て来る。
それと同時に画面に、自分の番号の席の位置を示した画像が現れる。
席に座るとモニターがある。その画面で、自分の食べたいものを選んで注文する。

するとしばらくして、配膳ロボットが料理を運んで来て、私の席の横で停止する。
私は料理を取り出して、ボタンを押すとロボットは戻って行く。
まるで自動化の行き着いた工場のようだ。


 配膳ロボットが料理を運んで来た。


ある時のテレビ番組で、日本に来た外国人に『日本のレストランで、どんなチェーン店がお好みですか?』と聞いていた。
寿司屋の店名を言う人が多いが、その理由が『安くて美味しい』である。
アメリカ人は「アメリカでラーメンと餃子を食べれば、3000円以上になる』と言っていた。

オリーブ油の営業に来ていたイタリア人は『サイゼリアが美味しい。イタリアの商材を多く使っている』と言うし、インド人は『C&Cのカレーが美味しい』と言う。
いまは円安の影響もあるが、日本のチェーン・レストランは安過ぎだ!


「デミグラスソースの包焼きハンバーグ」(890円+税)


伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,410,826

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,410,826

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ