テレビをつければアイドルたち百花繚乱の時代。
ステージに向かって野太いファンたちが吠える。
家の外ではリーゼントの暴走族が爆音を鳴り響かせ走り回っていた。

70年代から80年代。
あの頃は確かに熱かった。

アイドルといえば山口百恵、浅丘めぐみ、岩崎宏美、南沙織・・・・・・
どのアイドルも好きだった。

あの時代。

今でも僕の脳裏にはあの頃のままの彼女たちが焼き付いている。

しかし、中でも特に僕が好きだったのは、キャンディーズだった。

親しみのあるルックスだけではない。彼女たちの歌も踊りも演技も好きだった。ドリフの「8時だよ!全員集合」にもよく出演していたなあ。
メンバーそれぞれが、いわゆるタレントでアイドルだった。

同じ頃に一世風靡したピンクレディーの前に、かなり人気がかすんだ感はあったが、それでもキャンディーズのファンは当時最も熱烈だったと思う。



だがヒット曲も出してこれからという時に、彼女たちはコンサートで突然の解散発表をする。中二の夏のことだった。

「私たち9月に解散します。普通の女の子に戻りたいんです!」というメンバーのランちゃんの言葉を僕は信じられなかった。
当時はその理由を知る由もなく、ただただ愕然としたのを覚えている。

(つづきはこちら)


犬と暮らしとカヤックと kayaker

アクセス総数:11,371

豊浦町でワンコたちと暮らし、たまに海で遊ぶ日常をつづります。

コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

kayakerからの関連記事

犬と暮らしとカヤックと kayaker

アクセス総数:11,371

豊浦町でワンコたちと暮らし、たまに海で遊ぶ日常をつづります。

kayakerのよく読まれている記事(直近期間)

kayakerのカテゴリー

kayakerのハッシュタグ

kayakerのアーカイブ