心の伊達市民 第一号

【封書】
家に戻ったら、私のテーブルの上に封書が置いてあった。
発送先を見たら、「日本バス協会」と書いてあった。
そこへ女房が通り掛かったので、『バス協会に応募した写真が入選したらしい』と告げた。


その時、女房が言ったのである。『違うでしょ!先日、支払いをしたシルバーパスが届いたのよ!』
封書を開けるまでもなく、表面に「東京都シルバーパス在中」と印刷されていた。
やはり入選は夢だったか?



交通関係の写真展に応募した「夜の街を行くBRT」


【閉店と開店】
2年以上も続いているコロナ騒動で、私の近くでも閉店する店が増えている。
売り上げが「5分の1」などになったら、続けられるはずがない。
多くの店は店主が高齢化しているとか、「いつまで頑張ればいいのか?」と、やる気を失っているのだろう。


一方で不思議なことに「新規開店」の店がある。
それには色々と理由があるのだろうが、「家賃が下がった」、「経営に自信がある」などだろう。
コロナによって色々な業界に、新旧交代の波が押し寄せている。



大量の胡蝶蘭は有名寿司職人の店の開店か?


【新型マスク】
女房が新型マスクの試作を持って、私のところに来て言った。「これを試して」。
良く見たら、布製マスクに不織布のマスクを差し込む方式のものだった。
ウレタン製や布製マスクは、「コロナには全く役立たない」と専門家が言っていたのを知っている。


このマスクは不織布マスクが外側でコロナを防御し、内側の布製で顔を優しく覆う。
1日が終れば不織布マスクは廃棄して、布製マスクは洗濯する。全く優れものだと思った。



最新型コロナ対策マスク


【なんだこれ?】
テレビで「世界の何だコレ!?」という番組がある。
私は図書館の帰りに、歩道で「何だコレ!?」を見付けた。
それは工事中の場所などに置かれている三角形の円筒で、「カラーコーン・パイロン」というらしい。


そこには「とみどりの課」と書かれていた。「とみどり」とは初めて聞く言葉だった。
よくよく考えたら「Xとみどりの課」で、そのXの文字だけが間違えて水性ペンキを使ったらしく、雨で消えてしまったのではないか?
区役所のHPで調べたら、消えたその文字は「水」だった。



「とみどりの課」?


【コロナ対策】
「新型コロナの大誤解」という本を読んだ。
現在の政府の分科会に疑問を持っている私は、この本で「どうすれば良いのか?」を学んだ。
お店で良く見掛ける「仕切り版は空気の流れを止めるので、かえって危険」、「プラスチックの透明なフェイスガード、マウスガードは何の役にも立たない」、「ウレタンマスクはコロナウイルスが通過する」という。


毎日、外でランチを食べる私は決めていることがある。「地下の食堂には入らない」、「なるべく横並びのスタンド形式の食堂に入る」。窓が開いていて、空気の流れがあればコロナから逃れられる。



「新型コロナの大誤解」★★★


【コンパクトカメラ】
私が徘徊する時はいつもコンパクトカメラを持参している。
その他には「健康保険証」も持っていて、出先での急病の時に必要になるからだ。
聖路加国際病院に向かう道路の両側に、プラタナスの木が植えられている。


いまは少し色付いたばかりだが、もう少し経つと赤と黄色に紅葉する。
その時は「綺麗だなー」と思い、何回もこの道を歩くことになる。



秋だ!道路にプラタナスの紅葉した葉が落ちていた。


【シールとスタンプ】
新しい店に行くと、『スタンプカードを作りましょうか?』と言われる時がある。
私は財布が膨らむのが嫌だし、それほど頻繁には来ないのでだいたいは断る。
私の財布に入っているその手のカードは、コーヒー豆屋、パンのジョアン、群馬ちゃん家の3枚だけである。


コーヒー豆屋は月末はスタンプが2倍、ジョアンも毎月12日の「パンの日」が2倍である。だからその日に行くかと言えば、そんなことは普段は忘れていて、2倍の前日や翌日に行くことが多い。そんな時は損をしたような気になる。でも手帳に書くほどのことでもないしなー。



上からコーヒーの「LIFE」、パンの「Johan」、「群馬ちゃん家」


(おまけの話)
生まれて初めて、コンビニでアイスコーヒーを買った。
レジに係員がいなかったので、セルフレジで精算することとした。
最初に、液晶画面で支払い方法にチェックする。
たった100円なので「現金」で支払おうとしたら、画面に「現金」が無い。



この店は「イートイン」がある(NATURAL LAWSON)


仕方ないので、マンションのカードキーに付いている「RAKUTEN Edy」に入金してあることを思い出し、「R Edy」を押した。そして机の上に置いてあったコーヒーカードから「アイスコーヒーS」をセンサーで読み取った。「ポイント使用」とあったので、「ドコモポイント」を使うことにした。


先月にドコモポイントを使わなかったので、期限切れになってしまったからだ。
ポイントは「70」だったので、「70」とインプットする。そして最後に「R Edy」をセンサーに当てて清算が終った。



支払い方法を選ぶのだが、「現金」が無い。


目の前にあった紙コップを取って、コーヒーメーカーの所に行ってセットする。
そして「アイスコーヒーS」を押した。すると紙コップの中にチョロチョロと少しのコーヒーが入ったのが見えた。それを取り出したら、ホットコーヒーだった。


「何を間違えたかな?」と思いつつ、カップの下の方に溜まったコーヒーを飲んだ。
帰りに屑籠にカップを捨てる時に、その横に冷凍庫があるのが見えた。
「そうかー、ここで氷入りカップを取り出して、コーヒーメーカーにセットするのか!」と気が付いても、もう遅い。こんな失敗ばかりの毎日である。



後日、同じ店に行って正式にアイスコーヒーを買ったら、こうなった。


コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ