心の伊達市民 第一号

ブログ閉鎖中の話題(2018年5月7日)


今年も5月のゴールデンウィークがやって来た。
引退した者にとっては「毎日がゴールデンウィーク(GW)」なのであるから、本物のGWがやって来ると本当に困ってしまう。GWは「働く者の長期休暇」なのであるから、暇人の私はなるべく彼らの邪魔はしたくないと思っている。・・・と言いながら、用事があり銀座まで行った。





ゴールデンウィークに海外からやって来たBIGなカップル。(銀座)


銀座の後に新丸ビルでイベントがあると知り行ってみたら、3階のホールに「アートピアノ」という企画で、誰でも自由にピアノが弾けるようになっていた。空いた席に座ったら、若い女性が進み出た。
そしてピアノの演奏始めた。驚くほど上手だ。1曲終って下がると、次に子供が出て来た。


これがまた上手だ。次々とピアノの前に座る人が出て来る。暗譜でピアノを弾く人ばかりである。出て来る人はジャズ、映画音楽、クラシックと色々なジャンルの曲を弾く。下手な人は出て来ない。
気が付いたら、1時間もそこにいた。今年は幸先の良いGWだった。





新丸ビルの3階のホールには、誰でも自由に弾いていい派手な装飾のピアノが置いてあった。


今年のGWは5月1日と2日を休めば、4月28日から5月6日まで9連休となる。
「GWは働く日の邪魔をしない」と決めていても、9日間も自宅に引き籠ることには無理がある。
そこで遠慮をしながら、近場だけでウロウロすることにした。
近場のイベントをネットで調べてみたら、かなりの数のイベントが見付かった。
その中で無料のものを中心に見て廻ることにした。





「サバ―ビコン」・・・★★★


忘れていけないのは5月1日で、この日はメーデーである。
多くの人は忘れているだろうが、この日は「労働者の日」で以前は結構盛り上がった時期もあった。


それが運動主体が左翼的になり過ぎて参加する人が減り、今では話題にも上がらない。
なにしろ保守派の安倍首相が経済界に「賃上げをお願いしたい」と言う時代なのであるから、左翼系の人達は立場が無くなり、「安倍首相反対!」と叫ぶしかやる方法が無くなってしまった。





「銀座柳まつり」の出番を待つ新橋芸者さん


連休中のイベントで、凄かったのは銀座のポーラ化粧品ビルにあるポーラミュージアム・アネックスで開催されている「田中智 ミニチュア・ワールド」である。これは驚いた。
老眼でも見えない程の小さな作品で、「玉子かけご飯」、「鍋焼きうどん」、「ケーキ」などが作られている。私のようなアバウト男には、とても作れない細か過ぎる作品である。





ミニチュア(鍋焼きうどん)は指先の大きさだ


次は日本橋三越デパートで開催されている、「岩合光昭の世界ネコ歩き2」である。彼の撮る世界のネコはテレビで動画で見ているので、とても興味深い。
犬好きだった私なのに女房の影響でネコ派になり、今も我が家に2匹のネコがいるのでネコの写真展を見に行ってしまった。 世の中にはネコ好きが多いらしく、会場はかなり混んでいた。





「世界ネコ歩き2」。(カメラマンの岩合光昭さん)


その他に六本木ヒルズの巨大な蜘蛛のオブジェが化粧を施されたので、それも見に行った。
東京駅前の新丸ビルで開催中の「ZINE House」を見たが、30人のアーティストによるZINEカルチャーとあったが、何がなんだか良く分からなかった。


5日は少しマンネリだが、「第12回・銀座柳まつり」である。
またオープン1周年を記念して、GINZA SIX が模様替えしたので、それも見に行った。
結局は「GWは引き籠り」のはずが、いつものように徘徊をしてしまったのである。





六本木ヒルズのオブジェの蜘蛛も、GWは足に化粧をしていた。


(おまけの話)
5月3日は「憲法記念日」である。
ある日にメールが届いた。差出人は「美しい日本の憲法をつくる国民の会」であった。
「なぜかなー?」と思ったら、メールの冒頭に「このメールは、web署名や行事にご参加の皆様にお送りしています」とあったので思い出した。
そこで5月3日に永田町の砂防会館で行われる「第20回 憲法改正フォーラム」に参加申し込みをした。





砂防会館は国会議事堂から徒歩数分の距離。


参加費は1000円で、約1200名の人達が集まった。
この日に意見を述べる人は有名人ばかりで、ジャーナリストの桜井よしこ氏、ビデオ出演でで安倍総理、元総理の中曽根康弘氏など多彩な顔ぶれであった。このフォーラムに集った人達は、みな憲法改正を望む人ばかりである。午後1時30分から始まった会議は、約2時間に及んだ。





砂防会館には1200名の参加者があった。


憲法改正の一番の目的は違憲状態とされている「自衛隊」を憲法に書き、違憲状態でなくすことである。
国民の生命と安全を守る自衛隊が違憲であっていいはずがない。
この憲法九条の為に中国の横暴を許し、北朝鮮には同胞を拉致され、韓国には竹島を、ロシアには北方領土を不法占拠されている。


最近では中国は「沖縄は中国のもの」と言い出している。
国も家と同じで、「玄関にカギを掛けなければ、泥棒や強盗が入る」という当たり前のことが分からず、
1年以上もの間、モリカケと言い募る野党には呆れるほかはない。全く腹が立つ。





ジャーナリストの桜井よし子氏



コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のアーカイブ