心の伊達市民 第一号

【写真展へ応募】
10年ほど前から色々な写真展を探しては応募していた。最初の頃は時々、たまに入選した。ところがここ3年以上も入選していない。落選が続くと、応募する気持ちが萎えて来る。

そんな時に文京区観光協会から「写真展に応募しませんか?」と誘いの封書が届いた。今までに4回も落選しているので、今年は応募しないつもりだった。
それなのに誘われたら、駄目と分かっているのに応募してしまった。
それが下の写真である。自分でも「適当に撮った」と自覚している。


題名「心静かに」・場所「麟祥院」(春日局のお墓があるお寺)


【下書きを公開】
ブログのネタに困ると「徒然なるままに」で、どうでもいい話を書くことになるが今回がそれである。「むしゃなび」がリニューアルされて、以前とシステムが変ったので慣れるのに苦労している。

今までに2回も「下書き」を間違って公開してしまった。
私はしばらく後の日に公開するブログでも、ネタがあった時に書いて「下書き」に保存している。そして公開日を予約するのだが、ボケて来たせいか書いたと同時に間違って公開となっていることに後で気が付く。だから、『このブログは読んだよ!』という人もいると思うが、そういう事情なのである。


 ブログの管理ページにある「投稿予約原稿」


【不二家のソフトクリーム】
数寄屋橋交差点の角に「不二家 Milky 70」という、ソフトクリームを売る小さなショップがあった。ところがこのショップが7月のある日に閉店となってしまった。
その後には「ペコちゃんハウス」が開店した。
あのソフトクリームは300円と安く、コクがあり美味しくて好きだったのになー。
なんでも「無くして分かるありがたさ」とまで言うのはオーバーか?


 不二家は「Peko House」に模様替えした。


【東京オリンピック1周年記念】
昨年の夏に開催された東京オリンピックが、もう1年も前のことだった。
今はみんな忘れていて、「旧統一教会」とか、「ウクライナ問題」に興味が移っている。そんな時に私は中央区役所の月島特別出張所に行く用事があっで出掛けて行った。

入口を入ると、そこには大量の「折り鶴」や選手のTシャツなどが記念品として飾られていた。東京オリンピックでは選手村が中央区にあったからだろう。もう1年かー。


東京オリンピックの開催を祈願して折られた「折り鶴」


【映画鑑賞】
8月は気に入った映画の公開が少なかった。
雑誌の映画評を読んで、珍しく「タイ国」の映画を見た。題名は「プアン 友達と呼ばせて」である。

ストーリーは、こうである『ニューヨークでバーを経営している金持ちの男に、バンコクで暮らす友人から連絡が来た。癌に侵され余命が短い友人のためにバンコクに戻る。そして友人の為に元恋人達を訪ねる旅のドライバーを引き受けた。そして最後にどんでん返しがある』。タイの映画らしくなく音楽も現代風で場面もモダンで、バンコクの貧しさは出て来ない。


「プアン/友だちと呼ばせて」★★★   


【チップの可否】
欧米に旅行すると、食事の時などにはチップが必要である。
他にもなにかサービスを受けるとまたチップであり、日本人には慣れないので忘れることがある。日本ではほとんどの場合、チップは必要ないが、新橋にはチップが必要なトイレがある。

トイレの入口に大きく「このトイレはチップ制となっています。チップを入れてご利用下さい」と書いてある。
私はチップを入れずに利用して、その後に入口近くで使う人の検証をしてみた。
20人が利用したが、誰もチップを入れなかった。駅前の雑居ビルで、トイレを使うのにチップが必要とは問題では?


 チップ制のトイレ(新橋)


【「本の森」の図書館】
私が本を借りる図書館は、中央区役所に隣接した古い建物である。
この図書館が8月31日で閉鎖となり、12月に新しく京橋交差点近くに「本の森ちゅうおう」としてオープンする。そこで私は建設中の建物を見る為に、暑い中を出掛けて行った。

現場はまだまだ完成には遠いが、全体像が見えた。今までの図書館を見慣れている私には驚きだ。中央区はお金があるから、凄いものを建てる。それにしては区役所はボロボロである。


八丁堀に建設中の「本の森ちゅうおう」


(おまけの話)
今回の「おまけの話」の話題が無くて困っていたので、『いつ頃から今のような形式で「おまけの話」を書いたのだろう?』と思いUSBメモリーのファイルから調べてみた。すると2014年から始めていたのが分かった。

(2014年8月8日のブログから)
夏の真っ盛りに「COOL」と言えば、「かき氷」である。 
そんなことを思っていた時に、同級生のY君から連絡があった。
『日経新聞で読んだのだが、グランドプリンスホテル高輪で3万円のかき氷が出ていた。みんなで食べに行かないか?。あなたから同級生に募集をかけてくれないか?』というものだった。


 窓から見える「足立区の花火大会」(2014年8月)


ネットで調べたら、このかき氷は上から豪勢にドンペりをかけたもので、大きさは7人前はあるという。このかき氷は期間限定で「プールサイド」で提供されているらしい。
そうなると7人で食べれば1人当りは4300円だから、もしかして参加者がいるかもしれないと思い募集をかけた。
「バカだなー」と思われるとは思ったが、とりあえず同級生の18人にメールを送信した。


花火をボカして撮影したら、意外と良かった。


その結果であるが・・・・、
やはりバブル時代と違いみんな引退してしまっているので、バカバカしい企画には誰も乗って来なかった。これが普通の人の考えである。

Y君に結果を知らせたら、『金持ち老人がバカな消費に励んでこそ、アベノミクスの進展があるのでしょう?』と返信があった。その通りです。Yさん! 
本当は私は試してみたかった。
そうすれば、このブログで報告が出来たのになー・・・・。


今でも開催すれば見えるはずだが、今年も中止となった。


コメント

  1. 山本英次
    山本英次
    返信

    [グランドプリンスホテル高輪」のかき氷3万円を食べよう!の懐かしい話を良く覚えていましたね!
    バブル時の余韻に酔っていた昔の良き時代の話でした。今となっては僅かな年金にのみを頼りに生活せざるを得ない高齢年金生活者には「昔はよかった」との感想しか出てきません。馬鹿な企画の片棒を担いでくれたH君の「おひと良さ」に感謝するこの頃です。

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のアーカイブ