天皇皇后両陛下が6月17日から23日までの日程で、インドネシアを国賓待遇で訪問された。その時のニュースで、私は初めて「ヒレナガニシキゴイ」というものを知った。
インドネシアには「ヒレの長い鯉がいる」ということも、初めて知った。

私はインドネシアに2度行ったことがあるが、1回目はゴルフ、2回目はバリ島の「ケチャック」という伝統舞踊を見るためだった。


皇居「大手門」の中から外を見る。



今回の天皇ご夫妻の訪問で、ヒレナガニシキゴイが上皇陛下のアイディアから生まれたことも知った。
資料によると、『ヒレナガニシキゴイの誕生は1962年、皇太子時代の上皇さまがインドネシアを訪問した際に、日本にはいないヒレナガゴイを観賞したことから始まった』

『1977年に上皇さまが埼玉県水産試験場をを訪れ、「インドネシアにはヒレの長い鯉がいる。日本の錦鯉と交配してどうか?』と提案されたことで誕生した品種である。


二の丸庭園の池の岸辺に咲く「花菖蒲」



テレビニュースで見た「ヒレナガニシキゴイ」は、確かにヒレが長い。
「これを見てみたい」と思っていたら、なんと皇居東御苑の「二の丸庭園」の池にいると分った。そこで野次馬の私は「行かねば!」と思い、出掛けて行った。

皇居東御苑には私は何度も行っているので「勝手知ったる庭」のつもりでいたが、二の丸庭園の池に「ヒレナガニシキゴイ」がいるとは全く知らなかった。(皇居東御苑は月曜日と金曜日が閉園)


 尾ヒレが極端に長い「ヒレナガニシキゴイ」



私は東京駅に近い「大手門」から、皇居東御苑の中に入った。
入口で手荷物検査があるが、簡単なものだった。
大勢の外国人観光客が検査の為に、列に並んでいる。

私の見たところでは、日本人はほとんどいない。
検査を終えて、私は一直線に「二の丸庭園」に向かった。


 慣れていないと、少し気持ち悪い。



庭園の中心に大きな池がある。
手前には花菖蒲が最盛期を迎えていた。私は池の反対側の石橋の上に行った。
そして石橋の上から池を覗いたら、10数匹の「ヒレナガニシキゴイ」が泳いでいた。

錦鯉に違いはないが、尾が異常に長い。
初めて見ると、慣れていないので少し気味が悪いくらいである。


睡蓮の一種か? 「ヒメコウホネ」



石橋の右手の方には睡蓮が見えた。
近付いて行ったら、池の中に立て札が立っていて「ヒメコウホネ」と書いてあった。
黄色い小さな花が咲いていた。その下に何かいるらしく、花が揺れている。

しばらく見ていたら、それは1匹の黄色い「ヒレナガニシキゴイ」だった。
岸辺に寄って、頭を岸の上まで出して口をパクパクしているが、なにをしているのか分からない。 


酸素不足か? 岸に上ろうとする「ヒレナガニシキゴイ」



しばらく「ヒレナガニシキゴイ」を観察してから、天守閣跡のある広場の方へ行ってみた。こちらにはあまり外国人観光客は来ていなかった。 
ほとんどの外国人観光客は個人旅行のようで、お金持ちそうな老夫婦は通訳兼ガイドを連れていた。

もと来た大手門から外へ出ると、続々と外国人観光客が歩いて来る。
きっとなにか外国人用のガイドブックに、「東京で、ここは外せない」なんて書いてあるのだろう。


 「ヒメコウホネ」の花



(おまけの話)
マンションの友人にXさんという人がいる。小柄で痩せていて、年齢は私より1つ下である。1年前くらいから髭を伸ばし出し、話をしなければ水墨画にある仙人のような風体である。

6月のある日、Xさんから誘われた。『三越伊勢丹HDの株主総会に行きませんか?』。そこでお互いに株主であるので、Xさんの誘いに乗って一緒に行くことにした。
株主総会の会場はお台場のホテルなので東京BRTで新橋へ出て、そこから「ゆりかもめ」に乗ることにした。


 カフェで同席したFさんが持参した「さくらんぼ」



私が「ゆりかもめ」の改札口を入ったら、Xさんの姿が消えた。
「どこへ行ったのか?」と思ったら、切符を買っていた。彼は『SUICAは持っていない』と言った。株主総会を終えて、東京ビッグサイトまでブラブラと歩いて行った。

昼時になったので、レストラン「サイゼリア」へ入った。
料理とドリンクバーを注文し、私はコーラを取って来てXさんにも取って来るように言った。戻って来たXさんは、水の入ったコップを持って帰って来た。 


ガラスケースの中には餌のミジンコとメダカがいた。



私は『お金を払ってあるのだから、他の飲み物を取った方が良い』と言った。
そして分かったのである。Xさんは「ドリンクバーとは何か」を知らなかったのである。

食事中のにXさんは翌日の午後に、『カフェに生まれたばかりのメダカを持って行く』と言った。私は『明日は皇居東御苑にヒレナガニシキゴイを見に行くが、一緒に行かないか?』と誘った。彼はメダカ以外に興味が無いようで、一緒に行かなかった。

私が皇居東御苑から戻りカフェに行くと、Xさんは嬉しそうにガラスケースに入った生まれたばかりのメダカを持って来て待っていた。
Xさんは髭を生やしたら、世間から隔離した本当の仙人になってしまったようだ。


 注意して見ると、メダカは細長い。


伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,384,702

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

コメント

  1. Shinji
    Shinji
    返信

    二の丸庭園に咲く花菖蒲、見事な景色と写真ですね。

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,384,702

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ