少し前に「夜の新橋」の写真を撮ったら、次に「夜の門前仲町」の写真を撮りたくなった。夜に出掛けるのが億劫になっているが、「下町の夜はどうなっているのか?」に興味がわいた。時々、深川不動尊へ行く時に、途中の右側に「辰巳新道」の標識がある。
その通りが夜の飲み屋街のようで、そこへ行ってみることにした。


飲み屋街「辰巳新道」



辰巳新道の入口で、その先の様子を窺った。
酒を全く飲まない私は、こういう場所に行くことは無い。
だからなんだか遠慮しいしい入って行った。
新橋とは違い、店は開放的ではない。扉を閉じているので、中の様子が分からない。


辰巳新道を歩いている人はいない。



恐る恐る辰巳新道を進む。
写真を撮るのも警戒しながら撮る。誰かに文句を言われないかと心配しながらである。
たまに人が通るが、特に店に入るでもなく通り過ぎて行く。

たぶん近道なので、ここを通るのだろう。
それぞれに贔屓の店があり、「一見客」はあまりいなさそうだ。


辰巳新道から見た路地



店の前には自転車が置いてある店が多いが、お客は自転車で来ているのだろうか?
或いは店のオーナーの自転車だろうか?
なんだかローカル色が濃く出ていて面白い。

店の名前も「ゆうちゃん」、「たんぽぽ」、「みよし」などで、お洒落な名前の店は無い。お客がお洒落でないのだろうか?


辰巳新道の出口に近い場所から



100メール足らずの「辰巳新道」だったので、物足りくな感じて別の場所にも行ってみた。次の場所は交差点のパチンコ屋の裏で、大横川と挟まれた路地である。
通りの名前は調べたが、分からなかった。
入口に大きな提灯が下がっていて、「酒と飯」と書いてあった。


「酒と飯」



こちらの路地の方が人気があるのか、少し人通りがあった。
その分、写真を撮るのが難しい。仕方ないので、「どの店に入ろうか?」と探しているふりをしながら歩いて行った。

こちらの通りは辰巳新道違い、店内が見える店が多い。
酒を飲まない私が言うのも変だが、お客もその方が入り易いだろうと思う。


 メニューがたくさん貼り出されていた。



酒飲みにだって、予算があるだろう。
だから幾らになるか分からない店には入り難い。
メニューが店の前に張り出してあり、中の様子が見える店は大流行りのように見える。

「もつ焼きセンター」の前で、若いサラリーマンが「入ろうかどうしようか?」といつまでも相談している。やっと入って行ったと思ったら、満席で断られていたのが可笑しかった。夜の町の散策は面白かった。


 「もつ焼きセンター」は大繁盛



(おまけの話)
滅多に来ない門前仲町の夜なので、神社仏閣も見て廻った。
門前仲町交差点の角に、大きなパチンコ屋がある。
その店の前から、私は都バスに乗って家に帰る。

だからパチンコ屋に入るお客を、いつも見ている状態になっている。
パチンコ業界は不況だと言われているが、ここは頻繁にお客が出入りしている。


 門前仲町交差点角のパチンコ屋



「辰巳新道」を過ぎて公園を横切ると、左側が「深川地蔵尊」である。
夜の深川地蔵尊には初めて来た。
本殿の扉は閉じられていて、昼間の喧騒とは違い全く静かだ。

1人の男性が足早に本殿に向かい、お参りをして去って行った。
ここは商売熱心で、社務所とは別に売店があり色々なものを売っているが、夜は店も閉まり静かなものだ。


 夜の「深川不動尊」



次に少し先の「富岡八幡宮」にも行ってみた。
横から入る道は工事中で入れないので、正面に回る。
ここも誰もいない。日本一の大神輿を飾った建物も閉めてある。
手水舎の水も止まっている。本堂に向かうが誰もいない。

本堂の扉が閉められているのを初めて見たが、立派な扉だった。
少し薄気味悪いので、お参りもしないで戻って来た。


 夜の「富岡八幡宮」


伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,411,113

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

コメント

  1. 夜(Y)
    夜(Y)
    返信

    何時も明るい都会の喧騒を伝えてくれているけど、夜のしじまの街の様子に違った印象を持った。年を取ったのか、酒飲みの横町に出入りをしなくなってしまったが、懐かしい思いがする。時折中を覗くと中高年のおやじさんたちの楽しそうな会話が聞こえてくるようだ。

  2. Shinji
    Shinji
    返信

    知らない土地へ行って、ちょっと飲みたいとき、飲み屋街を歩いていてもどこに入ろうかと躊躇し迷います。酒を飲まない人が飲み屋街を探索した事に大きな拍手を送ります。

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,411,113

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ