なんだか近頃、私は「夜」づいている。
夜の写真は、誰が撮っても上手に見えてしまうような気がしている。
今回は我が家から近い、隅田川に架かる「築地大橋」の写真を撮った。
この橋は環状2号線のために架けられた橋で、隅田川では東京湾までの最後の橋である。


築地大橋の通常のライトアップ



隅田川に架かる橋は、夜になるとライトアップがされている。
以前は赤く染めていたが、最近はブルーに変わった。
家の窓からは勝鬨橋、佃大橋がライトアップされて見えている。

肝心の築地大橋は、前のマンションが邪魔して半分しか見えない。
それでも昼間と違いブルーにライトアップされた橋は、幻想的な感じがする。


勝どき側から築地側を見る。



どんな基準で色が変るのかを、ネットで調べてみたら次のことが分かった。
令和5年のデータだが、8月1日「水の日」・・ブルー、9月1日(関東大震災100年)・・緑、9月21日(世界アルツハイマーデー)・・オレンジ、9月24日(結核予防週間)・・赤、10月1日(乳がん月間)・・ピンク、10月19日(都立公園開園150年)・・緑、

11月1日(児童虐待防止月間)・・オレンジ、11月12日(女性に対する暴力をなくす運動)・・紫、11月14日(世界糖尿病デー)・・ブルー、11月17日(子宮頸がん予防)・・ライトブルー


築地側から勝どき側を見る。



私が撮影に行った5月15日はブルーだった。
午後8時近かったので、歩いている人はほとんどいない。
勝鬨橋の方から、屋形船がやって来た。暗い中を進む屋形船の明りが綺麗だ。

私は築地大橋の手前からと、渡り切った向こう側から写真を撮った。
向こう側からだと、私の住むマンションなどが背景になる。


高層マンション群がそびえ立つ(勝どき側)



東京都の広報によると、『5月31日の世界禁煙デーとそれに続く禁煙週間に合わせ、都内施設を、受動喫煙防止のシンボルカラーであるイエローグリーンに初めてライトアップします。 近年、都の喫煙率は減少傾向が続いている一方で、飲食店等での受動喫煙の機会は以前よりは減少しているものの、令和5年の調査では前年より増加したという結果も出ています』。


「世界近年デー」(5月31日)



『そこで、あらためて都民の皆様に、禁煙や受動喫煙対策に関心を持っていただけるよう、都庁第一本庁舎のほか、東京スカイツリーや自由の女神像など都内施設に協力をいただき、都内をイエローグリーンに染め上げます』

『 イエローグリーンの光のもと、禁煙のこと、健康のこと、考えてみませんか。ライトアップ施設の写真を撮影し、SNSに「#世界禁煙デー」の投稿をお願いします』とあった。


 「イエローグリーン」に染めた築地大橋



そこで私は5月31日に、築地大橋の写真撮影に行った。台風1号が来る予定だったので行けるかどうか心配だったが、幸いに熱帯性低気圧に変り雨は降らなかった。
今の時期は夜の散歩が気持ち良い。そこで涼風に当り、ノンビリと築地大橋に行った。

イエローグリーンとは初めて聞く色なので、ネットで調べてみた。
すると「新緑の若葉の色」だそうで、橋はいつも違う緑色にライトアップされていた。
しかし向かい側の勝鬨橋はまだ塗装工事が終っていないせいか、橋の一部しかイエローグリーンになっていなかった。


 勝鬨橋は塗装工事中なので一部のみ。



(おまけの話)
夜の「築地大橋」の写真を撮ったら、「昼間の写真とどうちがうか?」と比較したくなった。そこでわざわざ築地大橋に行ってみた。
我が家からエレベーターで1階に下りて、5分で築地大橋に着く。
「どのくらいの距離なのか?」と思うが、私はだいたい200メートルと考えた。

人の歩く速度は「1時間(60分)に4キロ」となので、それから計算してみた。
計算式は(60分:4000m=5分:Xm)となる。その結果は333メートルと出たが、私の考えていたより遠かった。


 昼間の「築地大橋」



道路から橋の上に出るには、階段を上るか、エレベータに乗るかである。
このエレベーターは自転車も乗れるが、その場合は「自転車から降りて乗って下さい」と注意書きがあるが、自転車から降りて乗る人を見たことが無い。

3階相当の高さの橋に上ると、目の前が開ける。右を見ると勝鬨橋、左を見るとレインボーブリッジが見える。橋を渡れば、元築地場外市場跡地で、再開発が始まりそうだ。


 築地側から勝どき方面を見る



朝夕は歩く人、自転車に乗る人が多く、たぶん仕事に出掛ける人だろう。
昼間は人数は減るが、散歩をする人、用事で橋を渡る人がいる。
並行して走る環状2号線は、新橋方面からの交通量が多い。

特に最近の東京BRTは「東京ビッグサイト」へ行く人が多く乗り、いつも大混雑である。昼と夜の写真を撮ってみたら、やはり夜の方が写真は綺麗だった。


 環状2号線を築地~勝どき~豊洲へ向かうミキサー車


伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,405,521

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,405,521

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ