以前の地元の友人のHさんは、私のブログのファンのようだ。
毎朝、犬の散歩の後にブログを読むのが日課のようだ。
そして1週間に1度、必ずブログに付いてのコメントを手紙で送って来る。
ある時のコメントに『本日の写真を見て、東京にはやはり緑が少ないと思いました』とあった。


日本武道館に行く途中のお濠の蓮



更に『公園以外はほとんど緑が無く、人工物ばかりが見えるのだから、これはまさにコンクリートジャングルです』と書いて来た。
緑の多い山の中で育ったHさんは、そう思うだろう。

私はそうは思っていない。逆に『大都会なのに緑が多いなー』と思う。
大阪に行くと『緑が無いなー』と思うし、大阪の人が東京へ来ると、『緑が多いなー』と言う。


 「トモエソウ」?



そこで今回は「都会の中の小さな緑」を、写真でHさんに知らせようと思う。
彼はかなり前からパソコンが不調なのだが、なかなか買い替えようとしない。
私より若いのだから、『まだ先の人生は長い。パソコンを買え!』と言いたい。


 「アジサイ」(青)



今回は地元の中央区を離れて、千代田区を歩いた時の「小さな自然」である。
麹町から九段までの道で見付けたのだが、道路わきの自然は近隣の人達が大事に育てている。都会では放っておいたら、自然は無くなる。
個人も役所も一生懸命に自然を保護し、育てているのである。


「カシワバアジサイ」   



九段に近付いたところで、歩道と車道の間に植えられた木に驚いた。
なんと小さいが、大量のビワが生っていた。
個人の庭じゃあるまいし、まさか果物が生っているとは思わなかった。

しばらく立ち止って、ビワを眺めていたら、通行人が不思議そうに私を見ていた。
Hさん、東京には緑はおろか、果物も生っているのですよ!


 道路で見掛けたビワの実



話は変り、ニューヨークのライブカメラの映像である。
若い頃に住んだことがあるので懐かしく、時々、NYの「TIMES SQUARE」 のLIVE CAMERAを見ている。5月21日の夜の画像に驚いた。
巨大なホットドッグが現れた。現地時間の午後9時である。

人出も多く、みんな「なにをしているのだろう?」
多分、ほとんどが観光客だろうと思う。銀座の夜9時は人通りも絶える。東京も夜の観光をもっと提案した方が良い。


TIMES SQUAREの巨大なホットドッグ(PM9:00)



激安のキーボードを買って、PCの不具合が直った話は以前に書いた。
ところが今度は、カーソルが動かなくなる問題が発生した。
もう私のPC能力ではお手上げである。「遂にPCが壊れたか?」と思った。

またビッグカメラに行って、PC関連の売り場を見て廻った。
するとワイヤレス・マウスが売っていて、値段も色々ある。
「もしかして?」と思い、3000円くらいのものを買った。
そして家で使ってみたら、問題が解決してしまった。「安物買いの銭儲け」である。


 格安無線マウス



(おまけの話)
【築地本願寺】
暇を持て余した時は、築地本願寺に行く時がある。
私は門信徒でポイントカードを持っていて、ポイントが溜まると何かに交換できるらしい。お参りする度にカードをセンサーに当てると、10ポイントが加算される。

ところが最近のお知らせで、『11月末でポイント制度は終了します』と知らせて来た。それまでに何かと交換しようと思ったが、信心が足りず交換するほどにはポイントが溜まっていなかった。


築地本願寺の蓮の鉢



【渋沢栄一】
築地本願寺の向かい側に都バスの「亀戸駅」行きの停留所がある。
そこからバスに乗って、茅場町で降りた。
そこには「KABUTO ONE」がある。その1階に渋沢栄一の銅像があり、椅子に座った渋沢栄一と一緒の記念撮影が出来る。

零細投資家の私は、時々、ここへ行って休み、天井から吊るされた巨大な株価ボードを見る。長い投資歴の割に儲けたことはあまり無く、株の才能が無いと分かっている。


 渋沢栄一邸にあった「赤石」(KABUTO ONE)



【無銭飲食】
「KABUTO ONE」の横から都バスに乗り、水天宮前で降りて「うどん屋」に入った。
ここは「うどん屋」にしては珍しく、代金が後払いである。
「おろし梅ぶっかけうどん」を食べて、レジに向かった。
財布を出したら、全く現金が入っていなくて焦った。

小銭入れのコインも支払いに足りず、カードは使えないと言われた。
「無銭飲食か!」と焦ったが、落ち着いて考えた。『なにかの時のために、保険証入れに1000円を入れている』ことを思い出した。恥をかかずに済んで良かった。


「おろし梅ぶっかけうどん」(980円)


伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,412,377

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

コメント

  1. Shinji
    Shinji
    返信

    あわや、無銭飲食!私も経験あります。ホテルに泊まっていて、部屋で休息してリラックスしてから階下の食堂に行って食事を済ませました。あ、財布は部屋に置いたままだ。”上の部屋に泊まっていますから”、と言って財布を持って5分後に支払ったが、疑われたことは確か。ホテルのフロントに電話して、事実確認などされ、ほろ酔いもすっかり冷めてしまった。

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,412,377

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ