はじめからスケジュールに組まれていたのだろう。

綺麗な大型バスに乗って、舗装された道を郊外まで行った。

砂漠の中の小高い丘に、
トンデモなくデカイ真っ白なジンギスカンの像が・・・
ただ行って帰るだけ。
アリバイ写真もしようが無いので撮った。

巨像の上部には展望台らしいところもあって、
階段だったが他にすることもないので登った。
素晴らしい景色だったろうが
写真が無いという事は撮らなかったのだろう。

そこに想い出は何もない。




バスはまっすぐにウランバートルまでの道を走る。
途中に寄る店も施設も無いので、当たり前だ。

真っ青なモンゴルの空は、ウランバートルが近づくにつれて
街はスッポリと巨大なドームに包まれていた。

スモッグ・・
懐かしい言葉を思い出した。

戻ったウランバートルには
通りの向こうに朝青龍ドームが見えた。

もちろん行かなかった。

マンガだ。

94年に行った時は 
ただひたすらに美しかったモンゴル。
あのモンゴルはもうない。

懐かしい想い出だけが残る。
たぶんもう行く事はないだろう。


それでも人生は進んでいく 糸をつむぐように

アクセス総数:13,396

北海道室蘭市で生まれ育った無骨で頑固なオヤジですけど? 何か?
インスタでも覗いてケロ

コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

糸をつむぐようにからの関連記事

それでも人生は進んでいく 糸をつむぐように

アクセス総数:13,396

北海道室蘭市で生まれ育った無骨で頑固なオヤジですけど? 何か?
インスタでも覗いてケロ

糸をつむぐようにのよく読まれている記事(直近期間)

糸をつむぐようにのカテゴリー

糸をつむぐようにのハッシュタグ

糸をつむぐようにのアーカイブ