心の伊達市民 第一号

ブログ閉鎖中の話題(2014年2月26日)


中学・高校時代の友人達と作っている「デジカメ・クラブ」で作品を発表する機会が出来た。同じく同級生で国立で大きな建築資材の販売をしているS君が、本社移転で空いた場所をギャラリーにしたのである。


入館料は100円を壺に入れる。  でも、自動販売機でコーヒーが無料で飲めるので、入館料はタダである。


その場所を借りて、2月1日から22日までの長期に亘り「写真展」が開催された。素人の我々だけではお客は来ないので、デジカメクラブの師匠であり同級生であり、プロのカメラマンの大高明君の名前を借りることとなった。


入り口を入ると左右に展示室がある。右側が素人の我々で、左側が大高プロの展示である。


写真展のタイトルは「魂をゆり動かす写真家、大高明とその仲間展」である。
大高明君の写真は魂をゆり動かすかもしれないが、我々の写真は見る人の魂までは届かない。彼はライフワークとして「コロラド・プラトー」と「バルーン」を撮り続けている。


壁に貼られた紹介文は誰が書いたのか、素晴らしい。



今回の展示は「コロラド・プラトー」である。

(大高明のHP) http://www.expos.jp/


(魂をゆり動かす写真家 大高明とその仲間展)





大高プロの作品。 コロラド・プラトーのひび割れた大地。


彼の写真は私も持っていて、寝室に飾っている。
圧倒的なアメリカの荒野である、コロラドの風景は見る者の魂をゆり動かす。
もうひとつのテーマである「バルーン」は、数年前に私もニューメキシコ州のアルバカーキに彼に連れて行ってもらったことがある。


『ロージナ茶房』。ここは歴史のある喫茶店で、国立の名店である。


さて、我々の写真である。 国立で行う写真展であるから、ギャラリーのオーナーの希望で「国立に関係する写真を最低でも1枚は出す」ということになっている。

11人の仲間が色々な写真を出しているが、そのテーマも色々で見学者の同級生の話では「技量には大きな差がある」と言っていた。
でも、これは趣味なのであるから、自分が気に入っていればそれが何よりなのである。


『一ツ橋大学の秋』。 これは大高プロに褒められた。


初日の終りに、会場でオープニング・パーティを開いた。
メンバー以外の同級生も参加してくれて、大いに盛り上がった。
でも彼らは写真の話は殆どしないで、昔話となってしまった。
年を取ると、昔話が好きになる。 これは仕方ない。 先が無いのだから・・・・・。


会場で出前を取って、仲間と会食する。


(おまけの話)
同級生が集まると近況報告となるが、大した近況報告も無いので、どうしても健康問題や親の介護の話となってしまう。 でも、会合に出て来られるのは健康な証拠なのだから、それも良しとする。

今回はデジカメクラブ以外の同級生も多く来てくれたので、話題も色々と出る。
その中で可笑しかったのがX君の話である。
彼は同級生なら誰でも知っているが、学生時代は「ワル」であった。


『満開の桜通り』。 ここは春になると、桜のトンネルが出来る。


彼の話で私の知らなかった話もあった。
『修学旅行で家業の写真屋から持ち出したフイルムを同級生に売って、そのお金で修学旅行先で遊びに行った』、『立川の米軍基地で知り合った兵隊から買ったアメリカのタバコを、学校で同級生に売っていた』。


我々の作品を見る見学者。


この話にはみんな驚いたし、飽きれた。 でも、いまとなると大笑いである。
その彼が今は更生・労働大臣から委嘱された「民生委員で、地区の委員長をしている」というから驚きである。
悪いことをしていたくらいの男の方が世の中のことをよく分っていて、困っている人達の相談に乗れるのかもしれない。


この人と話したら、同級生だった。 卒業以来、初めて会った。 あまりの変りように、昔の面影が無かったので、分らなかった。


コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のアーカイブ