心の伊達市民 第一号

ブログ閉鎖中の話題(2014年4月28日)


マンションの友達のMさんから『桜前線を追って、妙義山に行かないか?』と誘われた。
この年になると誘われた時に行かないと、もう次は無いかもしれないと思う。
私は車を持っていないので、彼の愛車のボルボで行くことになった。


Mさんのボルボで圏央道を走る。


彼は膠原病で左足の筋肉が削げ落ちるという奇病に罹っている。
それに運転があまり上手とは言えないので、道中もハラハラし通しである。
首都高から中央道に入り、高尾山で圏央道に入る。


水路の土手に停めたボルボ。その向こうに見えるのが妙義山。


そして鶴ヶ島から関越道に入り、松井田妙義ICで一般道に出た。
そこから桜前線で調べた妙義山方面に向かう。
途中で妙義神社という、なにやら由緒正しそうな神社を見付けたので駐車して見物する。


妙義神社の石段は長くて急こう配。来年は登れないかもしれない。


「道の駅」で桜情報を仕入れようと思い立ち寄ったら「富岡製糸場」が近いと分ったので、そちらに車を走らせた。帰ってから知ったのだが、4月26日に政府が「富岡製糸場」を世界遺産に登録を勧告し、後に正式に登録された。

入場料は1人500円だったが、Mさんは身障者なので無料だと言う。
また付き添いも1人までは無料だと言うので、支払い済の1000円を返してもらった。私の感じた素直な気持ちでは、「なぜ身障者は無料なのだろう?」である。


富岡製糸場。ボランティアの案内人の説明を聞く。


私は小金井に住んでいた頃に、小学校の工場見学で地元の製糸工場を見学したことがある。昔は機械の前に女工さんが座り、お湯の中に浮いている繭を紡いだ。
だから、当時の工場は繭の煮える匂いが充満して、非常に臭かった覚えがある。

富岡製糸工場の見学を終り、次に「桜の里」というところが桜の名所らしいのでそこに向う。舗装をされた良い道であるが、関越道とバイパスが出来たせいで旧道はガラ空きである。


妙義山の麓の「桜の里」。桜が谷を覆い尽くす。


車を走らせると、谷の向こうに桜が見える。
山を覆うように植えられた桜の群生は、西の桜の名所「吉野山」を凌ぐくらいだ。こんなにも素晴らしい桜の名所があるとは、知らなかった。

目の前には「妙義山」がそそり立つ。
ごつごつとした山の頂上は登るものを拒むように見えるが、登山は許されているらしい。


こんな美しい桜の景色はそうは無い。私は感動した。


日が暮れて来たので、この日は道路沿いの空き地を見付けて車を止めそこで野宿となった。
アウトドア派のMさんはキャンプ用品を車に積んであり、持参したテーブルと椅子をセットし、テーブルクロスまで用意してあり、自宅から用意して来た「スジ肉の赤ワイン煮込み」を御馳走してくれた。


道路脇の空き地に車を停めてキャンプする。


(おまけの話)
夕食を終えると周りは真っ暗で、アルコールを飲まない私は手持無沙汰となる。
さすがに標高700メートルは、夜の冷気が冷たい。
やることが無いので車に乗ったが、それでもやることが無い。


小さなガスボンベで料理も照明も出来る。Mさんはワインまで持参。


仕方ないので、用意してくれた寝袋に潜り込む。道中でズーと話をして来たので、もう話も無い。仕方ないので、寝る。
しばらくして、隣のMさんが強烈なイビキを掻きだした。狭い室内だから、逃げ場が無い。


菜の花、桜、新緑。 田舎の景色は心を癒される。


上を見上げたら、ガラス張りのルーフを通して満天の星が見えた。
道路を通る車も無い。  寒くなって来た。 イビキだけが響き渡る。そのまま朝になった。

Mさんに聞いてみた。『よく眠れましたか?』
答えは『おかげさまで良く寝た。でも、まだ眠い』だった。
私は静かに笑っているしかなかった。


製糸工場の機械。








コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ