心の伊達市民 第一号

国際宇宙ステーションは、場所と時間によっては目視できると知った。
そして3月11日を最初に、これまで2回も撮影に挑戦しているが、いまだに叶わない。

撮影が出来た時の為に最初からの事情はブログに公開する予定なので、書き留めてある。撮影は条件が難しいので、公開がいつになるかは分からない。


豊海水産ふ頭から見るレインボーブリッジと竹芝・品川方面。


ところで、今回は3回目の撮影の為に豊海埠頭に出掛けて行った。
前回の反省で、今回は「#きぼうを見よう」というJAXAのホームページから、撮影場所、時間、方位、仰角を調べてから行った。
この日(4月7日)は夕方になっても空に雲が無く、絶好の撮影日だと思った。


お台場に向かう屋形船


豊海ふ頭からの夕陽も綺麗なので、それも撮影するつもりで午後5時前に家を出た。歩いて10分ほどのふ頭には、たまに散歩をする人しか通らない。
ここは「豊海水産ふ頭」という名の通り、水産会社が多く集まっている地区なので、夕方になると水産会社も早く営業が終了していて駐車場はトラックだけである。


夕陽がビルの谷間に落ちて行く。


目の前にレインボーブリッジが見える。屋形船がお台場に向って進んで行く。
羽田空港に着陸する飛行機が、時々、降りて行くのが見える。
少し肌寒いが、頬をなでる海風が気持ち良い。
太陽が西に沈んで行くが、まだビルの上にあり夕陽にはなっていない。


もうすぐ太陽はビルに隠れる。


午後5時30分くらいになると、周りが暗くなって来る。
太陽がビルに近付き、その横を飛行機が通過する。
少し経つと、太陽がビルに隠れる。そのビルの上を飛行機が通過する。
飛行機の高度は色々あり、どの型の飛行機がどの高度かは私には分からない。


暗くなりビルにも灯がともる。


いよいよ空が暗くなって来たので、試しに何枚かの撮影をする。
露出が分からないので、色々試す。
露光時間も長い方が宇宙ステーションの軌跡が写るので、それを試すが巧く行かない。

宇宙ステーションは北西の方向から、仰角85度で現れることになっている。
しかし仰角85度は三脚を使っているので、ファインダーが覗けないので方向が定まらない。


陽が落ちて、東京市街上空を飛ぶ最終便が見えた。


国際宇宙ステーションが現れる時間の6時33分になった。
北西に目を凝らすが老眼のせいもあり、見えない。
ビルの灯が明る過ぎるのである。色々と探したら、光るものが見えた。
その方向にカメラを向けて、2秒連写で撮影した。

家に帰って撮影した写真を見たら画面に小さな光があり、拡大したらそれらしきものが写っていた。
翌日になり、思い直して撮影した方向の光をネットで確認した。
そうしたら、それは宇宙ステーションではなく「木星」だった。
3回目も、また失敗だった。次はなんとかしよう!


中央に見える小さな光が国際宇宙ステーションだと思った。


(おまけの話)
私が豊海埠頭に撮影に行った日に、女房が以前の仕事で助手をしてもらっていたM子さんを励ますために、西荻窪の寿司屋に行って戻って来て言った。


『たまたま小金井でケーキ屋をやっているK子さんが、お寿司屋でカメラマン(Sさん)と一緒に来ていた。K子さんに紹介されたカメラマンがあなたの同級生のカメラマンのOさんと知り合いで、話が弾み写真集を頂いた』。


Sさんのプレゼントのモノクロ写真集。


世の中には偶然が重なることもあるものだ。
助手だったM子さんは前日にケーキ屋のK子さんの店に行き、女房にお土産としてケーキを買ったそうだ、。その時にK子さんに「明日、橋本さんに会う」と言ったら、「それでは」と言ってパウンドケーキをプレゼントで言付かったのだそうだ。

それが西荻窪の寿司屋で偶然出会うとは、話も弾むわけだ。
更にK子さんと一緒だったカメラマンのSさんが、私の友人のOさんと知り合いとは! 偶然がいくつも重なった日だった。


Sさんのプレゼントのモノクロ写真集。


その後、私からOさんに、そのことをメールで知らせた。
そしてメールで頂いたモノクロの写真集の中から、何枚かを添付して送信した。

プロカメラマンのOさんからの返信には『昨今の写真作品の発表形態は作品性を高める効果を意識してかモノクロ作品が多くあります。カラー写真が発する情報量の多さは写真を見る側の自由度を拘束してしまいますが、モノクロ写真は色情報が無くイメージの広がりを楽しむ事が出来るのも事実です』とあった。
私も次からはモノクロに挑戦してみよう!


私もモノクロに挑戦(意外と良い)


コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ