今までに何回も銀座の話題は書いているが、今回は「写真で見る銀座」である。
その前に「銀座とは、どこからどこまでか?」という疑問がある。

地番では1丁目から8丁目まであるが、築地ではないかと思う昭和通りの向こう側も銀座である。だからもちろん「歌舞伎座」も銀座である。
今回は中央通り(通称・銀座通り)だけを、歩いて写真に撮った。


 銀座1丁目から8丁目方面を見る



1丁目の先は京橋で、首都高速道路が銀座と京橋の境となっている。
首都高速道は以前は川だったところで、1964年の東京オリンピックの時に高速道路にしたのである。1丁目の交差点を外堀通り方面に入ると、すぐのところに「富士フォト・ギャラリー」があり、私は時々、写真展を見に行っている。

銀座通りに面した有名店には「コージーコーナー」、化粧品の「ポーラ」、ダイヤモンドの「ハリー・ウィンストン」、金の「TANAKA」、雑貨と飲食店がはいる「ギンザ・キラリト」がある。


 1丁目の角は洋菓子店「コージーコーナー」



2丁目に進むと文具の「伊東屋」、宝飾店の「ブルガリ」、「カルチェ」がある。
以前は高級オーダーメイド紳士服の「英国屋」があったが、お客がみんな引退してしまい表通りから路地裏に引っ越した。

その後に入ったのが、中古ブランド品の買取り・販売の「コメ兵」である。銀座進出とあって「コメ兵」ではダサイト思ったのか、「KOMEHYO」と名乗っている。他には「風月堂」、「メルサ」もある。


 2丁目の英国屋の後に入った「コメ兵」



3丁目で目立つのは、やはり「松屋デパート」である。
表の壁には大きなブランド品の宣伝画が登場している。
Appleストアもあったが、今は大規模改装中で8丁目の仮店舗で営業している。
3丁目は海外のブランド店が軒を連ねていて、「シャネル」、や「ルイヴィトン」が目立つ。


3丁目の角は「松屋デパート」



4丁目は銀座の中心で、交差点の手前に立つのは「三越デパート、「和光」である。
和光のショーウィンドーは、季節に合わせて色々と飾り付けを変えるので、それを見るのも楽しみだ。他にはあんぱんの「木村屋」、真珠の「ミキモト」、楽器の「山野楽器」、本屋の「教文館」と歴史を感じさせる店が多い。


 4丁目は「あんぱんの木村屋」



交差点の向こう側は5丁目で、角には1階がNISSANのショールームになっている「GINZA PLACE」があり。反対側は「三愛ドリームセンター」である。三愛ドリームセンターは、建て替え中の為、いまは閉鎖されている。

なんといっても有名なのは和紙・便箋・お香などの「鳩居堂」である。
以前はこの場所が1平米当たりの地価表示が日本一で、毎年、ニュースになった。
その先には「ワシントン靴店」もある。


 5丁目は「鳩居堂」



6丁目は6年前に松坂屋の後に建て替えて完成した「GINZA SIX」がある。
この2階からの吹き抜けに、天井から吊るされるアートは見ものである。
その向かいには「ユニクロ」があり、外国人観光客でいつも賑わっている。
私の年代の者には、「銀座通りにユニクロが出て来る時代になった」と感慨深い。


 6丁目は「GINZA SIX」



7丁目の角にあるのがビアホール「ライオン」である。
このビアホールの歴史は古く、開業は1899年である。
酒を飲まない私でも、この古い懐かしいような店内の雰囲気が好きで、たまにランチに行く。

同じ側には楽器の「ヤマハ」、 スペインの世界的なファッション・ブランド「ZARA」がある。7丁目角には「資生堂ザ・ギンザ」がある。


 7丁目はビアホール「ライオン」



8丁目の終りにはおもちゃの「博品館」がある。
向かい側には私の贔屓の天婦羅屋「天国」があったが、しばらく前に裏路地に移転してしまった。なにか経営上の問題があったのではないだろうか?

またナナメ向かい側には、高級時計の「クォーク銀座888店」があるが、最近、若者4人により1億円以上の高級時計が強奪された。


8丁目は「資生堂パーラー」



銀座はここ8丁目で終りである。
1958年に神戸一郎が歌ってヒットした歌謡曲に、「銀座9丁目水の上」というものがあった。8丁目から先は昔は海だったのである。
現在は首都高速道があり、その手前までが銀座である。

高速道の下は「GINZA9」という建物になっていて、私が年に1回くらい行く「かに道楽」が入っている。ここは元は川だったので住所は無く、仕方なく「銀座8-10先」と、「先」という文字が入っている。


 首都高速道路下は「銀座9」で、2階に「かに道楽」が入っている。


伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,411,900

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

コメント

  1. Shinji
    Shinji
    返信

    銀座のお店を各丁目ごとに紹介。ちょっとした、はとバス気分で読みました。

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,411,900

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ