【日本橋の修行僧】
日本橋の上を通る、高速道路の撤去作業が始まっている。
橋の上にはかなり前から、修行僧らしき男がいるのを見掛けていた。
1年中、同じ場所にいて托鉢をしている。

ほとんどの人は僧侶などいないかのように、その前を通り過ぎて行く。
体温を越えるような暑さの中で座る僧侶に、私は「ご苦労さま」と言いたくなった。
いつかタイミングが合えば、彼と話をしてみたいと思っている。


日本橋の上の修行僧はまだマスクをしている



【一粒万倍日】
日本橋の「福徳神社」の前を通ったら、暑い日なのにお参りの人が多かった。
神社の前に「おみくじを吊るしてあるな」と思い注意して見たら、「一粒万倍日」と書いてあった。更によく見ると、『榮太樓で一粒万倍日に販売している「一粒万倍もち」を購入し、その日にもらえる「一粒万倍絵馬」を持って福徳神社に行きお参りし、絵馬を飾ると願い事が万倍になる』と書いてあった。

榮太樓と神社とのコラボで、これは2022年5月から始まった新しいビジネスモデルだった。万倍日は1年に49日もあるが、多過ぎないか?


 「一粒万倍日」(福徳神社)



【三越のアートピアノ】
涼しい場所を求めて日本橋三越一階ホールに行ったら、極彩色に塗られたピアノがあった。説明文を読んだら『「ふつうじゃない」それはきっと可能性だと思う。知的障害のある「異彩」の作家たちと「異彩」の職人たちとが出会い、まざり生まれた』

『多彩な色と圧倒的なエネルギーが解き放たれる ちょっと「ふつうじゃない」百貨店。異彩の花よ、咲き誇れ。創業350年の夏』と書いてあった。
お堅い三越らしくない文は、きっと伊勢丹と合併した効果なのだろう。


日本橋三越1階ホールの「アートピアノ」



【LONGCAHMP】
銀座通りの4丁目交差点からも近いところに、「新しい店がオープンした」と思った。
派手な装飾で変な名前なので、以前からあるなら私が知らないはずがないと思ったからだ。大きな看板には馬が跳ねていて、「TOILET CHAMP LONG PAPER」と書かれている。これには驚いた。「TOILET CHAMP」なら、「便所のチャンピオン」で、「LONG PAPER」なら、「長い紙」だ。

銀座のど真ん中で、「長いトイレット・ペーパー」を売っているのかと思った。
家に帰ってからネットで調べたら「LONGCHAM」は「ロンシャン」と読みバッグで有名なブランドで、「TOILETPAPER」はイタリアの有名なアート誌のようだ。
この2社がコラボして、新しいバッグを売っていると知ったのである。でも変だ!


 銀座通りの「TOILET CHAMP LONG PAPER」



【資生堂ギャラリー】
銀座8丁目の資生堂ビル地下一階で開催されている、写真展を見に行った。
タイトルは「あいだにあるもの」という、よく分からないものだった。
解説によると1970年代の資生堂を代表する化粧品の雑誌広告150点を展示してある。

受付の白人女性に聞いてみた。『写真を撮ってもいいのですか?』
彼女は流ちょうな日本語で、『いいですよ』と答えてくれた。
懐かしい男性用「MG5」などの広告を見て、昔にかえった「ひと時」だった。


資生堂ギャラリーの写真展



【床屋】
マンションの友人(Fさん)と話していたら、「床屋」の話になった。
Fさんは私より6歳上で、頭にはほとんど髪の毛が残っていない。
今までは「早い・安い」のQBハウスに行っていたが、混雑時には店の外にある椅子に座って待たされた。

この危険な暑さの中では無理なので、『どこか安い床屋を知らないか?』と聞かれた。私の通っている床屋は彼には「高い」と言われた。
そこで近くで調べてみたら、月島には3軒もの床屋があった。その1軒は完全予約制の上に、「新規予約は受け付けていない」と日本語の他に、英語、中国語で書かれているのでビックリした。


 完全予約制の床屋(月島)



(おまけの話)【ドメインとURL】
色々なことで分かっているようで詳しくは知らないことが、私にはかなりある。
そこで今回は「ドメイン」と「URL」の話である。
ネットの「ドメイン」に「co.jp」、「or.jp」、「ne.jp」、「go.jp」などの表記がある。

これを取り上げたのには理由があり、以前に友人のYさんが「.cn」から送信された「Amazon」を名乗る詐欺メールに引っ掛かったかもしれないからである。
Amazonを名乗っていてもメールアドレスの最後の部分に「.cn」とあるのは、「cn」は中国のドメインだから、中国から送信されたので詐欺メールと分かる。


  廊下から居間を覗くペッパー



ところで「ドメイン」と「URL」に付いての話である。
「ドメイン」というのはインターネット上の住所で、URLは特定のホームページの住所である。例えば、このブログで解説すると、
「https://mushanavi.com/author/jiyujin/blog2/see/entry-20484.html」が「URL]で、「mushanabi.com」が「ドメイン」である。

「URL」は「Universal Resource Locator」の略だそうだ。私宛に送信されたAmazonを騙る詐欺メールの「URL」は、「uecanujbq@hotmail.com」であった。
Amazonが「hotmail」など使うわけがないから、私はすぐに詐欺メールだと分かる。


ドアを開けるまで待っている



ドメインの文字の意味を解説するが、「jp」を管理しているのは「日本レジストリサービス」(jprs)という会社で、希望者は代行業者がそこへ登録してくれる。費用は登録代行会社により違うようだ。私は民間会社が、商売でやっているとは思わなかった。
「jprs」が2000年にこの商売をいち早く始めたのを知り、「巧いことをやったなー」と思う。

なおよく知られたドメインである「.com」と「.net」を管理しているのは、アメリカの会社「ベリサイン」である。更に驚くのは、これ等の会社のドメインを世界的に管理している組織があり、その名は「ICANN」という非営利団体である。


 「ドメイン」の管理組織図



「co.jp」は日本で登記されている会社を意味し、「co」は、「commercial」の略である。「jp」は日本を意味するから、外国では登録できない。
「ne.jp」の「ne」は「network」の略である。「go.jp」は「government」の略で、政府機関である。「or.jp」は「organization」の略で、「組織」である。

「co.jp」の取得費は2460円、1年ごとの更新料は3780円である。(登録業者により差がある)「ne.jp」は20000円と5000円、「go.jp」は10000円と5000円、「or.jp」はどちらも3780円である。

みなさんも詐欺メールには気を付けて下さい。


 洗面所のドアから入れるのに、開けるのを待っている。


伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,410,941

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

コメント

  1. 鴨&葱(Y)
    鴨&葱(Y)
    返信

    これまでは詳しい事を知らずに新兵器とも言われるPCを使っていたが、一歩間違えると大変な災難に遭う事を知り無知の怖さを知りました。

  2. Shinji
    Shinji
    返信

    ドメインとURLの違い、説明をありがとうございます。昔は、知らないで使う、ということができずにすべてを理解しようと本を買い込んだりしていましたが、今や、テクノロジーの進歩が速すぎて、追い付きません。

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,410,941

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ