東京都環境公社の主催で、毎月2回、埋立地の見学を「東京みなと丸」の上からと、「観光バス」で見学するツアーがあった。

これはしばらくの間、コロナ騒動で中止していたが、再開されたと思ったら次は「東京みなと丸」の故障で6ヶ月近く休止となっていた。
それがやっと再開となったのが10月25日からで、それに気が付いたので11月22日分の申し込みをした。


マンションの49階のスカイラウンジから見えた「東京みなと丸」



このツアーは無料なので、希望者も多く抽選となりそうだった。
しばらくして「当選」のお知らせがメールで届いた。
私は家族も行きたいだろうと勝手に考えて、3人分を申し込んでいた。

ところが当選を知らせたら、「東京みなと丸には何度も乗っているし、ゴミ処理場に行きたくない」と断られてしまった。仕方ないので、2名分をキャンセルして、1人での参加となった。


 竹芝小型船船着き場の「東京みなと丸」



11月22日(水)の午前9時30分に竹芝小型船船着場から、「東京みなと丸」は出港予定なので、私は早めに現地に行った。
「ゆりかもめ」を「竹芝駅」で降りたら、私の前を小柄な小太りのオヤジが歩いていた。

彼はキャリーケースを引っ張り、黒い楽器入れを抱えていた。
そして私と同じく竹芝の「東京みなと丸」の受付の建物に入って行った。
しかし彼は乗客ではなく係員のようで、受付台の準備を始めたのである。


レインボーブリッジの下を行く



私は「東京みなと丸」の前の船「新東京丸」にも、何度か乗っている。
その船が古くなったので、舛添知事の時代にイタリアに豪華クルーザーを発注した。そして小池都知事の時代になって、日本に届いたのである。

船の名前を「東京みなと丸」と決めて、無料で東京湾を案内することを続けている。それがなにか重大な故障があったようで、しばらく運行を中止していたが、やっと10月後半から再開された。


 「羽田空港」から飛び立った飛行機



今回のツアー「海と陸からの見学会」は当選通知が来た時は、実はあまり期待していなかった。その少し前に「東京湾夜景観賞ツアー」の応募していて、それに当選したかったからだ。

メールで「抽選結果 落選のお知らせ」が届いた時は少しガッカリしたが、最近は色々と落選続きで抵抗力が付いて来た。
メールには「定員を大幅に上回るお申込みがあり、厳正に抽選させていただいた結果、残念ながら今回は意向に添えない結果となりました」とあった。
まあこれに懲りずに、また申し込もう。


「東京ゲートブリッジ」の下を行く。



「東京みなと丸」はゆっくりと岸を離れた。今回の参加者は40名だった。
いつものように右側に大型クレーンが作業をする姿を見ながら、羽田空港の近くまで行く。そして左に旋回して、入り組んだ埋立地の中を進む。大きな島の全てが、埋め立てられたゴミで作られた造成地である。海の上で障害物が無いので、色々なものが見える。

私は何度も乗船しているので、説明員の話は飽き気味である。
この日は珍しく雲一つない快晴であるが、この船の残念なところは「窓が開かない」、「前方は仕切りがあって見えない」、その代わりに「正面に大型モニター画面があり、前方の映像を映し出している」ことである。


大型貨物船から「ガントリー・クレーン」でコンテナを下す。



「東京みなと丸」は最終の目的地の船着き場へと、レインボーブリッジに向ってゆっくりと進んで行く。右手には「東京国際ターミナル」と「船の科学館」が見える。案内役の男性が最後の案内と、乗船のお礼の挨拶をした。

その時に船に乗る前に、私が見たオヤジの出番となり驚いた。
ウクレレを弾きご当地ソングの、「東京都の唄」を弾きながら歌った。
我々が下船する間もウクレレを弾いていて、思い掛けないお見送りだった。
どうやらボランティアで、趣味のウクレレを生かした活動をしているようだ。


「国際クルーズターミナル」(左)と「船の博物館」(右)



(おまけの話)
「東京みなと丸」から下船して、すぐに大型バスに乗り換えた。
バスに乗ると、ゴミに関するビデオを見せられる。ゴミは焼却処分にすると、体積が20分の1になるそうだ。

その前に昼ご飯の時間が取ってあり、バスの着いたのはテレコムセンターだった。ここの場所を勝手に借りて、弁当を食べるらしい。
しかし現地に行ったら2ヶ所も食堂があるのが分かり、弁当持参の意味が無かった。食後はまたバスに乗り、ゴミ処理場と埋立地の見学である。


粗大ゴミは破砕機で処理



それが終ると、パンフレットとによると「注目のエリア」である「中央防波堤埋立処分場」へ、バスは入って行った。見学者はバスから降りず、社内からごみ処理の様子を見るだけである。場内はゴミを扱っているのに、かなり綺麗なのに驚く。

作業員の人数も少なく、機械化が進んでいる様子が見える。
我々のバスが走っている場所もそうだが、島全体がゴミで作られている。
木が植えられたり、雑草が生えていて、ゴミの上とは感じられない。


ゴミで作られた山の向こうに、東京ゲートブリッジが見えた。



ガイドの女性の説明が「立て板に水」状態で、上手でゴミ問題が良く分かった。「燃えるゴミは燃やして埋める」、「粗大ゴミは粉砕して、燃えるごみと燃えないゴミに分ける。燃えないゴミは埋め立てる」。「資源ごみは再利用をする」などの説明を分かり易くしてくれた。

東京都はゴミの減量を優先しているそうで、地方都市ではゴミ袋は有料で、高い町では1枚120円のところもあるそうだ。
わずか1時間20分のバスの中の説明だったが、パンフレットももらったので、今日の見学ツアーでゴミ問題がよく分かったのである。


 場外に出て行く車は、ここでタイヤの汚れを落とす。


伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,411,636

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

コメント

  1. Shinji
    Shinji
    返信

    ゴミを燃やした時の熱は、地域暖房とかのエネルギー再利用しているのでしょうね。

  2. JIYUJIN
    JIYUJIN
    返信

    その通りです。東京都はかなり考えて利用しています。

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,411,636

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ