【怪しい電話】
私が出掛ける時は、いつもスマホはバッグに入れておく。
だから電話が架かって来ても、気が付かないことが多い。
ある時、家に戻ってスマホを開いたら、着電の履歴があった。

番号は「+93 79 562 3410」で、外国からだった。
全く分からない国番号なのでネットで「93」を調べたら、アフガニスタンからだった。更に調べたら、「着信履歴でお心当たりのない番号への折返し電話に付いては、通話料が高額となる可能性ありますので、くれぐれもご注意下さい」と書いてあった。


アフガニスタンからの着信


【雇用調整助成金】
大谷翔平の元通訳の水野一平が違法賭博にのめり込み、大谷翔平の銀行口座から25億円を使い込んだ事件には金額の大きさでも驚いた。
ところが月島のもんじゃ街や他で30店舗を営業しているK社は、コロナ禍で雇用調整金を49億6800万円も不正受給して摘発された。 私も現役の時にオイルショックで仕事が激変し、雇用調整助成金を受給した経験がある。

50億円近くも不正受給すればバレるに決まっている。そこで私は月島の図書館に行った帰りに店を見に行った。公金を詐欺したのだから、水野一平より悪質だ。


 もんじゃ屋「XXX」


【月島の亀】
月島には有名な「散歩する亀」がいる。
ある日にその亀を飼っている葬儀屋の前を通ったら、店主が外出先から戻ったところだった。私がガラス越しに亀を見ていたら、『どうぞ中に入ってみて下さい』と言われた。そこで店内に入り、大きな木箱の中の「ボンちゃん」を見た。

そして店主に聞いてみた。
私 『ボンちゃんは何歳ですか?』
店主『28歳です。買って来た時は、掌に乗る大きさだった』
私 『散歩はいつするのですか?』
店主『3時過ぎくらいからだ。ボンちゃんは呼べば、寄って来る』
そんな会話をしながら、亀を楽しんだのである。


 28歳の「ボンちゃん」


【北の丸公園のタケノコ】
都心でタケノコを見るとすれば八百屋である。
日本武道館がある皇居北の丸公園には、小さな竹藪がある。昨年たまたま通り掛かってこの竹藪を知ったので、今年のタケノコを見ようと手帳に書き留めておいた。

そして4月22日の靖国神社の春の例大祭の後に、現地に行ってみた。
やはり竹林では、たくさんのタケノコが出ていた。
なんだかとても嬉しくなって、何枚も写真を撮った。


タケノコ


【ツバメの巣】
そろそろ東京にもツバメがやって来る季節となった。
中央区では松屋デパートの駐車場、タクシー会社の駐車場、そして築地本願寺の石階段下の通路に巣を作る。本願寺のレストラン「紫水」でランチを食べた後に、石階段の下の電灯に作られた巣を見に行った。

昨年はここに巣を作り、お寺の方で『ここにツバメの巣があるので、糞に注意して下さい』の立札があった。ところがその場所に行って驚いた。
巣の場所に真っ赤な板状のフクロウが下がっていた。ツバメ除けらしいが、慈悲深いはずのお寺がやるとは情けない。


ツバメ除け(築地本願寺)


【広場の光景】
広場というのは、人々を休ませたり、和ませたりする。
私はいつも東京BRTの汐留停留所の1階下にある「YATSUDOKI」という名のカフェで、ソフトクリームを買って2階で休む。その場所から広場が見下ろせる。ベンチがあるので、色々な人が腰掛ける。色々な人が通り抜ける。

最近は大きなキャリーバッグを引っ張った、外国人観光客も休んでいる。きっと浜離宮の帰りだろうと思う。昼時はサラリーマンがお弁当を食べている。
この広場に来る人達の人生を、2階の窓から見て楽しんでいる私だ。


汐留の広場


【1430円のキーボード】
少し前に「パソコンの不調」の話を書いた。
有楽町のビックカメラに用事があり出掛けた時に、PC関連のフロアに行ってみた。
何気なく見た場所に、キーボードがたくさん並んでいた。
価格は1万円台から2万円台くらいまであった。私の使っているキーボードは、一部の文字が消えかかっている。

1万4300円のものが私のものと同等であった。ところがである。もう一度、確認したら、驚きの1430円であった。
「間違いじゃないか?」と思ったが間違いではないので、思わず買ってしまった。
その結果であるが、今までの不調も直ってしまったのである。めでたし、めでたし!


 1430円のキーボード


(おまけの話)
晴海埠頭には2つの公園がある。
1つは「晴海埠頭公園」で、子供が楽しめる遊具があるし芝生広場もある。
もう1つは「晴海緑道公園」で、こちらは散歩道である。今回は晴海緑道公園を紹介する。


 バラのトンネル(晴海緑道公園)


この公園は元東京オリンピック選手村の裏側にあり、晴海運河に面している。
誰もいない緑道を歩いて行くと、バラのアーチがある。黄色のバラが咲き乱れ、トンネルの中でバラに包まれる。贅沢なひと時だった。


バラのトンネル(晴海緑道公園)


更に先に進むと、次にアーチ状の「藤棚」が現れる。
まだ満開には少し早かったようだが、それでもたくさんの藤の花が棚から下がっていた。藤は派手さは無いが、心を落ち着かせる。
バラと藤のアーチの下で自撮り写真を撮って、満足して家に戻った。


 藤棚(晴海緑道公園)


伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,411,136

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

コメント

  1. Shinji
    Shinji
    返信

    なぜ、1430円でキーボードが買えるのか、全く不思議です。運搬費や包装費だけでも、それくらいはかかるでしょうに。

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,411,136

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ