しばらく閉園していた浜離宮恩賜庭園が、6月1日から開園すると思っていたらそうではなかった。
映画館、美術館、博物館などが6月1日なのに、浜離宮はなぜ4日なのだ!
しかもネットで入場整理券を申し込まねばならないとなっていた。


メールで送信されて来たQRコードを持参して、入園料は別に支払うのだそうだ。
公園はコロナには安全なのだから、そんな面倒なことはしないで欲しいと思った。



環状2号線は築地大橋の上で隅田川を渡る。


前回、浜離宮に行ってからもうずいぶん経つので、最後はいつ行ったかも思い出せない。桜の季節の時も閉園だったし、新緑の時の5月も閉園だった。

中央区からプレゼントされた無料入場券も、使えない内に期限切れとなってしまった。開放的な公園を制限するなら、通勤電車を制限すべきだ。
あの狭い車両に大勢の通勤客や学生が、かなり3密状態で乗っているのを知らないのか!



環状2号線は築地市場跡地で地下化の工事中。


最近は年のせいばかりではないだろうが、腹を立てることが多くなった。コロナのせいだ! しかし小池都知事の行うことは、なんだか良く分からない。
私が理解不足なのかと思い友人達に聞いみたが、私と同じ意見なので多くの人が同じ意見と思っていいだろう。

それは「公園という開かれた広い場所で、なぜコロナに感染するのか?」。全く科学的でない。以前に小池都知事が豊洲市場移転に関して「安全だが安心ではない」と言ったことがあるが、それに似ている。



専用歩道を進むと突き当りには電通ビルがそびえ立つ。


愚痴を言っても仕方ないので、早速、申込6月7日に歩いて浜離宮恩賜庭園に向かった。マンション横の環状2号線沿いを歩き、築地大橋を渡る。
橋を渡ったところで専用歩道を左に行くが、車道は右に行くようになっている。

この道路は橋を渡ったところで、地下に入り旧築地市場の下を通って虎ノ門に続く。現在はそこを工事しているが、オリンピックまでには間に合いそうな感じだ。



浜離宮恩賜庭園に入る専用の石橋。


歩道を進むと、左手は浜離宮となる。
そこには定期観光船の船着き場があるが、公園のオープンに合わせて観光船もここへ止まるだろう。

更に進むと前方に巨大な電通ビルが見えて来る。
そして広い通りに出るが、この道路は築地市場方面から続く「新大橋通り」である。そこを左折すると、すぐ左手の運河の橋を渡ると、そこが浜離宮恩賜庭園の入口となっている。



「300年の松」は今年も元気に生い茂っていた。


入口でQRコードを提示して、体温の測定、そしてシルバー料金の150円を払って入園する。入って左側の「300年の松」が、大きく生い茂っていた。


その先の梅林に行ったら、大量の梅の実が地面に落ちていた。
他の木々も花の季節が終っていて、どこもみんな実ばかりを見せられる。
広い公園内で行き交う人は殆どいない。この時に来ている人は、10人くらいだろうか。



梅林では、熟した梅の実が落ちていた。


ベンチに腰かけて、買って来たオニギリを食べる。
食後はブラブラと園内を散歩して、飽きたので出口に向かった。
入場券売り場のオバサンに聞いてみた。
私   『1日の入場制限の人数は何人までですか?』。
オバサン『2000人です』
私   『それなら予約の必要はないんじゃない?』
オバサンはただ笑っていた。私が思うに、過去に2000人も入ったことは無いと思う。



Margaritariaかな?


(おまけの話)
浜離宮から戻ったところで、股関節骨折で入院していたXさんに出会った。
そこでロビーの椅子に腰かけて、少し話をした。

彼は3ヵ月の入院で退院できたが、普通は4ヵ月だと言っていた。
それが少し自慢のようだ。私は逆に、普通より1ヶ月は余分に掛かると思っていた。そして入院時の面白い話(私にとっては)をしてくれた。



池では海鵜が大騒ぎをしていた。


先ずは退院する時に、医者に言われたそうだ。
『魔の3ヵ月に気を付けて!』。
この意味するところは、誰でも3ヶ月もの入院から退院すると、嬉しくなって無理をしてしまうそうだ。そして3ヵ月以内にまた骨折して、戻って来る高齢者が多いそうだ。

入院中は4人の相部屋だったそうだが、最初の5日間は、必ず個室に入れられるそうだ。これは「相部屋でも大丈夫な人かどうか?」を観察する期間のようだ。



「潮入りの池」の中にある中島の茶店


更に看護師からは、『退院することを、早くから同室の人に言わないように!」言われたそうだ。これは退院当日になり理由が分かったと言っていた。
同室の他の3人は高齢でボケていて、もう退院は出来ない人達だからだそうだ。

3人に退院の挨拶をしたら、その中の2人は無言だったが、羨ましいのか泣いていたということだった。
まだまだ色々と面白い話を聞けたが、私が入院したら参考になる話だった。



今年も健気に木の穴から生えている実生。


伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,404,851

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,404,851

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ