新札が20年振りに発行されて、テレビニュースは大々的に取り上げていた。
東京都知事選挙も、大谷翔平の活躍も影が薄くなった7月3日だった。
発行初日に手に入れようと思う人が、早朝から銀行前に並んでいるのをテレビで見た。

ネットで調べたら、私の口座のある「三菱UFJ銀行」は、大部分の支店には「3日には届かない」と知らせていた。私は初物が好きではあるが、特に特典があるわけでもないので新札の交換には行かなかった。テレビニュースでは、しばらくはATMでは「新札は出ない」と伝えていた。    


「紙幣と旅する」★★



これもテレビニュースで知ったのだが、九州からやって来た男性が言っていた。
『三菱UFJ銀行本店に行けば、最初の印刷ロットを示す番号「AA」が手に入るのではないかと思い、九州から来た』と言っていた。そして予想通りにAAを手に入れた。

AAが値打ちがあるのかと思い、調べてみたら「特に値打ちはない。ただその後に「777777」などの数字があれば、かなりの高額で取引される」とあった。


「新1万円札」は渋沢栄一



そこで「どんな番号に値打ちがあるのか?」をネットで調べた。
すると大きく分けて、5つの条件が示されていた。
「ゾロ目」、「000001」、「階段」、「キリ番」、「サンドイッチ」とあり、階段・キリ番・サンドイッチは初めて聞く条件だった。

階段とは「123456」など上がって行く番号だそうだ。「654321」は逆階段となる。
キリ番とは「100000」、「200000」など、キリの良い番号だそうだ。
サンドイッチは「ABXXXXXXBA」や、「BG5XXXX5GB」などだそうだ。


「新5000円札」は津田梅子



私は翌日の4日にお金を下す必要があり、近くの三菱UFJ銀行支店に行った。
すると大勢の人が「両替機」の前に並んでいた。
私は「そんなこともあるだろう」と思っていたので、別の作戦を考えていた。
それは「両替でなく、預金を新札で下ろす」だった。

案の定、窓口はガラガラで、私の作戦は当った。
3万2000円を1万円、5000円、1000円を新札で、各2枚ずつで下した。


「新1000円札」は北里柴三郎



家に帰ってから、新札の番号を調べてみた。
発行初日ではないので、「AAから始まる番号は無い」と思っていた。
1万円札を調べたら、「AG」から始まっていた。

5000円札は「AB」からだった。最後の1000円を調べたら、なんと「AA」だった。
でもAAから始まり、その次の数字は特に値打ちのある並び方はしていなかった。


新旧のお札のサイズは同じ



『お札を写真に撮り、ブログなどに投稿すると犯罪になるのでは?』と、女房が言った。「そうかもしれない」と思った私は、ネットで調べてみた。
すると結論から書くと、「全く問題ない」そうだ。

「本物の通貨を行使する際には現物を交付する必要があり、画面に映った通貨を見せて行使することはありえません。ただ印刷をしないように注意喚起したり、印刷できないように「見本」の文字を入れたり、ボカしたりした方が良いそうだ。


 新札の裏面



日本のお札は言わずと知れた「日本銀行」が発行している。
そこで日本橋に行ったついでに、日本銀行を外から見に行った。
すぐ前には別館で「貨幣博物館」があったので、中に入ってみた。
新規発行のお札の偽造防止の為の、色々な技術が詳しく展示してあった。

これは結構、面白いので、「次の都心を歩かない会」のイベントに採用しようと思った。お金というものは人生と切り離せないが、「欲しがり過ぎてもダメ」ということが、この年になって分かったがもう遅い。


 貨幣博物館(日本銀行)



(おまけの話)【硬貨の話】
私はコインの収集をしているわけではないが、なんとなく手元に残っているコインがある。1つ目は「ケネディ硬貨」である。額面金額は「HALF DOLLAR」である。
ここコインは1964年に。私はNY博の日本館で働いていた時に購入した。

1963年11月に当時のジョン・F・ケネディ大統領が暗殺さたが、それを偲んで発行された記念コインである。そのコインの現在の価値をネットで調べてみたら、10,800円だった。購入した時は「1ドル/360円」の時代だったので、180円だった。


 「ケネディ・コイン」(50セント)  



40年以上も前のことだが、オーストラリアからの留学生の紹介で、若気の至りでオーストラリア企業と合弁会社を設立した。失敗したことをいまでも恥じているので詳細は省くが、その時に何度かオーストラリアに行った。
そしてその時に記念として、オーストラリア金貨を購入した。

金貨は1987年発行の50ドル、25ドル、15ドルを各1枚である。
その時に幾らで買ったか全く覚えていないが、AUD1ドルは100円前後だった。
これもネットで調べてみたら、金が高騰していることもあり、それぞれ217,000円、97,713円、75,000円だった。


   オーストラリア金貨の肖像はエリザベス女王



外国のコインは机の引き出しにジャラジャラと入っているが、ほとんど値打ちは無い。
そんな中で、なぜか日本の記念コインが出て来た。
1枚目は「平成天皇即位記念硬貨」(平成2年発行・500円)と2枚目、2枚目は「平成天皇即位30年記念硬貨」(平成31年発行・500円)である。

これもネットで調べてみたら、やはりあまり値打ちは無かった。
「即位記念硬貨」は1650円、「即位30年記念硬貨」は1430円だった。


 天皇即位と即位30年記念500円硬貨


伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,412,377

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,412,377

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ