桜も終り、いよいよ初夏の様相を見せ始めた銀座を徘徊した。
銀座通りは路地を含めて名前があり、色々な街路樹が植えてある。
その街路樹が新緑となって来た。花も悪くないが、新緑はもっと気持ちが良い。


     松屋通りの「ハナミズキ」               



「キャノン・ギャラリー銀座」で写真展を見てから、松屋通りに入った。
ここには「ハナミズキ」が植えられていて、白い花が咲き出していた。
まだ満開ではないので、私のように見ている人はあまりいない。


白く見えるのは花ではないらしい(真ん中が花)



「ハナミズキ」を調べてみたら、「アメリカ東部及びメキシコ北東部を原産とするミズキ科の落葉樹であり、日本の野山に自生しない」とあった。しかも花は白色の中心にある種のようなものがそうらしい。
秋になると、赤い小さな実を付けて、それも可愛らしい。


 「アオギリ」



横道に入ったら「アオギリ」が植えられていた。
プラタナスを小さくしたような葉である。マロニエ通りにも一部、植えられている。
太陽の陽を浴びて、葉っぱの緑が眩しかった。


 「枝垂れ柳」



横道をそのまま進むと「柳通り」に出る。「銀座」と言えば、「柳」である。
銀座2丁目に来て、やっと柳に出会った。柳の木が新緑に染まっていた。
ここで歌謡曲の「銀座の柳」の一小節が頭に浮かんだ。

「植えてうれしい 銀座の柳 江戸の名残のうすみどり 吹けよ春風 紅傘日傘 今日もくるくる人通り」
昔の歌謡曲は流行していた期間が長かったせいか、歌詞をなんとなく覚えている。


銀座2丁目の「枝垂れ柳」



銀座通りに出たので右折して、その先の1丁目交番前を左折した。
この通りの名は「銀座桜通り」である。名前の通り桜が街路樹となっている。
しかし珍しいことに、ここの桜はソメイヨシノではなく「八重桜」である。
ピンクだけではなく、白色の花も咲いていた。


「八重桜」



もう一度、銀座通りに出る。この通りは8丁目まで「イチイ」が植えられている。
今回は晴海通りの西側を歩いたが、東側には違う街路樹が植えられている。

「みゆき通り」は「ヒトツバタゴ」と「エンジュ」、「交詢社通り」は「トウカエデ」、「花椿通り」は「イズモツバキ」と「ハナミズキ」である。
銀座はみなが思っているより、緑が多い街なのである。


ハート形の葉っぱの「イチイ」



(おまけの話)
最近の銀座は外国人観光客で溢れている。
まだ中国人は少ないが、どこの国かが分からない言葉をしゃべっている。
しかもラフなジーパン姿が多いのが特徴で、ただ歩き回っている。

アジア人と違い、車付きのスーツケースを引っ張っている人はいない。
日本人にも言えることだが、最近はみんなリュックサックをを背負っている。


銀座1丁目交差点を渡る外国人3人組



彼等は異文化を経験することが目的なので、食べることはするが買い物をする姿はあまり見ない。最近だが、有名ブランド店に開店前から並んでいるアジア人が多く、「なぜなんだろう?」と疑問に思っていた。

その理由がネット情報で分かった。彼らは外国からの旅行者なので、パスポートを見せれば消費税の10%を無しで買い物が出来る。それを日本に住む同国人に引き渡して、引き取った同国人が消費税分を誤魔化しているのだった。


欧米人の団体が銀座通りを行く



海外では「性悪説」を取るので店では免税を受けられず、出国時に空港でリファンドの申請をして返してもらう。だから時間が無いと、消費税を取られっ放しになってしまう。私も以前にヨーロッパで、そのような目に遭ったことがある。

私の贔屓の新橋の「シャトレーゼ」に、外国人観光客の親子が入って来た。
この店で外国人を初めて見た。どうしてここが分かったのだろうか?


「シャトレーゼ」の2階のカフェに入って来た外国人家族


伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,411,033

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

コメント

  1. Shinji
    Shinji
    返信

    新緑の写真、どれも素晴らしいですね。みずみずしい新緑とバックの現代建築との対比がとても良いと思います。いよいよ、風薫る4月(うづき)5月(さつき)。

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,411,033

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ