東京では33度越えというような、異常な暑さが続いている。
日本各地では大雨による被害が出ているのに、東京では梅雨らしい日は少なかった。
そして7月22日に、東京でも梅雨明け宣言が出た。

私には梅雨が来ない内に、真夏になったような感じがしている。
中央区役所からは連日のように、「熱中症情報」による警報がメールで届いている。


「豊洲大橋」の下で休む



行く当ての無い日は涼しさを求めて「豊洲ぐるり公園」の、豊洲大橋の下のベンチに行く。マンション前から東京BRTに乗り、1停留所の「豊洲市場前」で降りて少し歩く。
橋の下は日影になっていて、更に良いことに海風が吹いて来る。
私の前をジョギングする人達、散歩をする夫婦、釣りをする人達が見える。


釣りをする子供の付き添いで来たお母さん



運河の向かい側には世界的なコロナ感染症のまん延で、1年延期となり2021年に開催された、東京オリンピックの時に使用された選手村が見える。
現在は2棟が予定されているタワーマンションが、急ピッチで建設されている。

「HARUMI FLAG」という名で売り出されているようだが、購入希望者の競争倍率は平均で14倍と聞いた。 交通は不便なのに、なぜそんなに人気なのか分からない。


 「豊洲ぐるり公園」から「HARUMI FLAG」が見える。



相変わらず暑いので橋の下から出ないで、左の方を見る。
すると遠くにレインボーブリッジが見え、大型客船が出て行くのが見えた。
もしかしてランチクルーズ船の「シンフォニー」かもしれない。
私もスーパーで買って来た「稲荷寿司」と、デザートのフルーツゼリーを食べた。


 遠くにレインボーブリッジが見える



読みかけの本も読み終わり、やることも無いので向かい側の晴海埠頭へ行ってみた。
豊洲大橋を渡り、下のテラスに出て晴海埠頭に向かう。
全く日影が無いので、ジリジリと照り付ける太陽に参っていた。

その時、少し先に藤棚が見えた。急いでそこへ駆け込み、しばしの休みとした。
藤棚の天井から花が終り、種となった鞘がいくつも垂れ下がっていた。


 晴海緑道公園のアーチ状の「藤棚」



しばらく休んでから、気を取り直して先に進む。
目の前が開けて、晴海客船ターミナルの解体現場が見えて来る。
ここが利用されていた頃は、何回となく外国船の入港を見に来ていた。

豪華クルーズ船が入港する時は、東京消防庁の水上消火艇が放水で歓迎していた。
デッキではブラスバンドや、和太鼓の演奏もあった。
いまやみんな思い出になってしまい、無残な姿を晒している。


解体工事中の晴海客船ターミナル



ここでは全く日影が無い。
熱中症にならないように、日陰のある「晴海ふ頭公園」に行く。
ここは新しく出来た公園で、カフェもあるし遊具もあるし、広い広場もある。
真夏の暑さでは誰も来ないが、涼しい週末は家族連で賑わっている。


「晴海ふ頭公園」の遊具



公園の中に入って行くと、3張りくらいのテントが見えた。
いま全国的に若者の間で流行している「アーバン・キャンプ」である。
木の下に小さなテントが見えて、近付くと母と娘が中にいた。

父親は仕事なので、親子でキャンプに来ているのだろう。
なぜか「小さな幸せな」、という言葉が頭に浮かんだのであった。


木陰ではいま流行りのキャンプをする母娘がいた。



テントの先に進むと、公園の端には「海技教育機構」の専用埠頭がある。
ここには時々、練習船の帆船が入港する。
たまたまこの日は帆船「海王丸」が停泊していて、実習生たちが体操をしているのが見えた。スマホで調べたら、私の来る30分前に「海王丸」は入港したばかりだった。


専用埠頭に着岸した「海王丸」



もうここから先に日影は無い。
公園を出ると左側は、臨海消防署本署であり、消防艇が岸壁に係留されているのが見える。右側は東京オリンピックの元選手村で、学校、スーパーマーケット、東京BRT車庫などの工事が行われている。

左前方には私の住むマンションが見えているが、暑さに負けて歩が進まない。
ヨロヨロと歩いてマンションに付いた時は、熱中症の寸前だった。


 臨海消防署から見た私の住むマンション


伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,411,017

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

コメント

    Shinji
    Shinji

    近くに随分と公園や散歩道がありますね。熱中症寸前まで歩くのは、ご苦労様ですが、危険!!

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,411,017

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ