マンションの友人が教えてくれた。『晴海埠頭に海上自衛隊の艦船が入っている』。
そこで天気も良いし少し風もあり、気候も気持ちの良い日なので見に行った。
「早足は健康に良い」と聞いたので、少し足早に歩いて行った。

途中の月島警察署の裏に行ってみたら、今年も「ハマナス」の花が咲いていた。
でも昨年より木の数が減ったように思うが、これも地球温暖化で東京の土地に合わなくなったのかもしれない。でも最近はなんでも「地球温暖化」のせいにする傾向があるが、それが本当の理由かどうかは分からない。


ハマナスの花が咲いていた



晴海大橋を渡っている時に、右の方に自衛隊の艦船が2隻停泊していた。
写真で手前が「しまかぜ」で、奥が「かしま」という名の練習船である。
5月8日に晴海埠頭に入港し、20日に30日間の世界一周の訓練に出るようだ。

別の日に晴海埠頭に行き近くから2隻を見たが、金網で遮られているし、船が大きくて全景の写真は撮れなかった。自衛官は訓練を重ね、国を守るために頑張って欲しい。


 晴海埠頭に海上自衛隊の艦船が停泊しているのが見えた。



晴海大橋を渡り、右側から「豊洲ぐるり公園」に降りた。
天気が良いので、多くの人達が公園に来ている。
ジョギングをしている人、釣りをしている人、散歩をしている人と様々である。

そろそろボラが出て来る頃だと思い、運河を覗いた。
すると偶然にも、川鵜が水中から顔を出した。なにか獲物を捕ったようだった。


 川鵜が水中から顔を出した。



そのまま歩き、豊洲ぐるり公園の先端まで行った。
そこには階段状の木製ベンチがあるので、そこに座りボーとして景色を眺める。    
時々、色々な船が、レインボーブリッジの方向へ進んで行くのが見える。              
左はレインボーブリッジ、中央は竹芝、右手奥には私の住むマンションも見える。

海から吹く潮風が心地良い。釣り人も釣るのが目的ではなく、広い場所に出て潮の匂いを嗅ぐために来ているように思える。


 豊洲ぐるり公園の先端からの光景



しばらく休んでから階段を上がり、上の広場に出る。
そこはバーベキューが出来る施設が用意されていて、「手ぶらBBQ」が売り物だ。
大勢の若者や家族連れが、バーべキューを楽しんでいる。

丸屋根の10人用テントを借りると、平日なら4時間半で1万2700円だった。
飲み物、材料も別に販売しているから、本当に「手ぶらBBQ]だ。
男だけ、女だけのグループは見掛けないので、ここで男女が親しくなるのだろう。


手ぶらBBQ会場     



もと来た運河沿いの道を戻ると、途中にエレベーターの塔がある。
これに乗って5階まで上がると、そこは豊洲市場へ渡るガラス張りの廊下になる。    
そこから左にレインボーブリッジを見て、右を見ると晴海大橋で、その奥に「豊洲ららぽーと」が見える。「豊洲ぐるり公園」から直接に豊洲市場に入れる場所はここだけである。


エレベーターの5階から見た光景



ガラス張りの廊下を渡ると、そこには緑の広場が広がっている。
そこは水産仲卸棟の「6街区」の屋上で、クロバーの広場が区切られて4つある。
ここまで来る人はほとんどいないので、密集したクロバーに寝転び空を見上げる。

しばらくここで過ごしてから、3階の飲食街に行ってみた。
しかしどの店も行列で入れない。仕方ないので東京BRTに乗って新橋に出て、いつもの「うどん屋」でうどんを食べた。早足散歩のつもりが、休んでばかりだった。


豊洲市場の屋上の緑地



(おまけの話)
豊洲市場の横に「千客万来」の施設が出来て、いつも賑わっている。
私は近いので3回くらい行ったが、混雑していて馴染めない。

マンションのデジカメクラブの友人が、ここの8階にある「千客万来展望足湯」から撮影した写真を送ってくれた。なかなか上手な写真だった。そこで私は昼間しか知らないので、夜の足湯を試しに行った。


「千客万来」の夜景



暗くなって来たので、午後6時55分の東京BRTに乗った。
約5分で豊洲市場前に着く。歩道橋で道路を渡り、「千客万来」に入った。
昼間とは打って変わって、お客は少ない。みんなもう帰ったのだろう。
奥に進み「温浴棟」のエレベーターに乗り、8階に行く。

窓から見下ろすと、千客万来、豊洲市場、その奥に有明のタワーマンションが見える。
反対側に行くと、正面に元選手村の「HARUMI FLAG」、右下に晴海大橋、左手にがレインボーブリッジが見える。なかなか良い見晴らしである。


8階から見た光景   



足湯は15メートルくらいの長細い浴槽で、両側に利用者が座る。
ここは無料なので大勢の人達が座っていて、私は入れる場所を探した。
靴と靴下を脱ぎ、お湯に足を入れた。暖かいお湯が、少し流れているようだ。
家にいても風呂は「烏の行水」の私は、すぐに飽きてしまった。

もうやることが無いのでバス停に向かうと、丁度、バスが出て行った。
次のバスは40分も後なので、歩いて帰ることにした。夜景の写真を撮りながら、ゆっくり歩いても20分で家に戻れた。


「足湯」はブルーのライト


伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,410,941

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

コメント

  1. Shinji
    Shinji
    返信

    東京湾岸は新しい土地がドンドン生まれてますね。知らない地名だらけになりました。晴海が一番先端だった時代から、豊洲、有明、東雲、やゆりかもめ線などができ、拡張が進んでいるのですね。

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,410,941

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ