同級生のN君からの知らせで、半蔵門のJCIIというギャラリーで開催されている彼の写真展を見に行くことにした。JCIIというのは「Japan Camera Industry Institute」の略で、「一般財団法人 日本カメラ財団」である。この建物の一角に「JCII クラブ25」というギャラリーがある。

このギャラリーには、以前も来たことがあるので場所は分っている。・・・と思っていたのだが、現地では思っていた場所と少し違った。記憶というのは結構あやふやなものだ。



写真展の会場「JCII」(半蔵門)


家の前から都バスに乗って、勝どき橋南詰で四谷駅行きに乗り換える。
そして半蔵門の停留所で降りれば、そこから5分くらいである。
今は無くなってしまったが、うなぎの名店「丹波屋」という店が表通りにあり良く行ったものだ。

また、このマンションで親しくしていた医者夫婦が、この近くの三番町の超高級マンションに引っ越した時は招待されて遊びに行ったこともある。



会場は2部屋に分かれている。(こちらは動物)


写真展のタイトルは「東北海道・原生花園Aの四季」というもので、彼が長年に亘り通って撮影をして来た霧多布湿原の自然である。「霧多布湿原の自然を守ろう」という地元の人の熱意に動かされて最初に協力したのが同じく同級生のもう1人のN君で、私はかなり前に彼と一緒に霧多布湿原を訪れたことがある。

霧多布は釧路湿原の隣なので、知名度で負ける。
だからこそ乱開発がされないように、N君は資金集めをして「National Trust」に熱心に取り組んでいる。



「First Flight」


会場の着いたら、受付に資金集めをしている方のN君が座っていた。
彼とはずいぶんと久し振りの再会だ。年齢に似合わず、いつまでも黒髪であるところが不思議な男だ。
本人は「バカは白髪にならない」と言うのだが、なにか食べ物が違うのだろう。
会場に入ると、2部屋を使って60点もの写真が展示してあった。



「仲良し夫婦」


多くは以前に他の場所でも見せてもらった見知りの写真だが、会場が立派だと作品も更に良く見える。
これらの写真はN君が色々な季節に霧多布を訪れて撮影したものだが、改めてこの日に詳しく聞いてみたら、6年間の撮影の集大成だそうだ。

6年間も同じ題材を追い続ける熱意に感心した。
私の写真は思い付きで撮るだけのもので、上手く撮れた場合でも「たまたま」にすぎない。



「オオワシVSキタキツネ」


しかも冬場の撮影は気温がマイナス15度の中だそうだ。
前日からキャンピングカーに泊り、早朝から撮影するのだそうだ。
N君は一度だけ撮影に付き合ったそうだが、30分も外に出ていたら冷え切ってしまい、それ以上は無理だったそうだ。ある女性はN君の撮影に付き合って、指が凍傷になってしまったそうだ。



「山中のヒグマ」


彼の撮影への情熱を聞いていると、「良い写真は簡単には撮れない」と分る。
会場に来ていた女性が私に話しかけて来て、『感動で涙が出ます』と言っていた。
私も素晴らしい写真だと思った。

でも私には彼のように悪条件に耐えて撮影するほどの情熱は無い。
だからブログ程度の写真で我慢するしかないのだ。バカボンのパパじゃないが、「これでいいのだ!」



「朝日を浴びて」


(おまけの話)
この日は気持ちの良い日だったので、靖国神社まで歩いて行くことにした。
JCIIからは裏道で、三番町の中を通って行く。
三番町は都内でも高級な住宅街で、有名な「田園調布に家が建つ」より高級な場所である。

私は大学生の時には既に運転免許証を持っていたので、ここに住む中華系貿易商の子供の学校へ自家用車での迎えのアルバイトをしていた。今は無くなってしまったが、娘は麻布の聖心女子大学付属国際小学校、息子は上野毛にあったセントメリーズ・インターナショナル小学校だった。



三番町(千代田区)は個人住宅が無くなった。


アルバイト先のお手伝いさんに勝手口に呼ばれ、生まれて初めてビーフステーキを食べさせてもらった。
昔のことを思い出しながら歩く、「思い出散歩」もなかなか良い。
しかし三番町は昔は個人住宅ばかりで静かな場所だったのに、今はビルばかりで個人住宅は全く無い。

私がアルバイトした家がどこか、もう全く分からなくなってしまった。
15分くらいで靖国神社に到着した。裏道から来たので、途中の第二鳥居から神社に入った。



「神門」から「拝殿」を見る。


コロナの影響か、ここでも参拝者は少ない。拝殿でお参りをしてから、参道を戻る。
両側に植えられている銀杏の木を見上げたら、ギンナンがたわわに実っていた。
今年もギンナンは豊作のようだ。

昼時になったので、神田すずらん通りに行って天丼でも食べようかと思い歩いて行った。
ところが途中の店がどこもサラリーマンが入店を待って並んでいた。
そこで「すずらん通り」まで行くのは諦めて、地下鉄に乗って森下に出てうどんを食べて家に戻った。



参道の両側には石灯籠と銀杏の木。


伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,404,847

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,404,847

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ