心の伊達市民 第一号


銀座に向かう道に植えられた「ハナミズキ」に小さな赤い実が付いているのを見付けた。「もう秋なんだなー」と感じた。
そこで近場の小さな秋を見付ける為に、ウロウロしてみた。

我が家の近所で「秋」を感じることは難しい。周りはコンクリートと水ばかりだからだ。マンションの3階には人工のガーデンがある。そこで秋を探してみた。


ハナミズキが赤い実を付けていた。



新宿の映画館に「渇きと偽り」というオーストラリア映画を見に行った。
映画の始まる前に立ち食いそば屋に入ったら、今年も「松茸そば」をやっていた。
値段表示が「時価」なので店員に値段を聞いたら、『今日は990円』と言われた。

食べようかと思ったが、前夜に我が家は「松茸ご飯」だったので、今回は「イカ天そば」にした。こんなところで秋を感じるとは思わなかった。


「松茸そば」と「イカ天そば」



秋を探すなら、やはり浜離宮恩賜庭園に行くのが良いと思った。
朝晩は涼しさを通り越して、寒いくらいになって来た。
寝る時も夜中に寒くなった時のことを考えて、用意万端に羽毛布団も出して来た。

でもさすがに羽毛布団を掛けて寝たら、暑くて参った。
秋だと思ったら翌日は夏日だったりして、今年の秋は定まらない感じがする。


3匹の川鵜が慌てて飛び立った。



さて浜離宮恩賜庭園であるが、家から歩いて「築地大橋」を渡るとすぐに左側に見えて来る。現在、環状2号線が地下化の工事中だが、12月18日には開通するそうだ。
私は11日に行われる「開通記念ウォーキング」に参加して、長い間の不満を解消する予定だ。

浜離宮の横の運河に沢山の川鵜が休んでいるのが見えた。
それを見ながら数分で大手門に到着する。今は「秋桜」(コスモス)が咲いているはずだ。


「キバナコスモス」と「秋桜」のある花畑。



浜離宮の入口で150円を出して、『シニア1枚』と言ったら、係の女性にまた『生まれ年は?』と聞かれた。 もういい加減に私の顔くらい覚えて欲しいものだが、よく考えたら「帽子にマスク」では分からないか?

日曜日で天気が「晴れ」ということもあり、浜離宮は大勢の人がコスモスを見に来ていた。外国人も少しいたが、どうやら彼らは観光客ではなく、日本在住の人達のようだ。 


ミツバチはキバナコスモスが好きなようだ。



少し前に「キバナコスモス」の写真を撮りに来たが、今もまだキバナコスモスは咲いている。私の目的は可憐な「秋桜」で親しまれている種類の花で、色がハッキリし過ぎている英語名の花ではない。

しかしコスモス畑はキバナコスモスが大部分で、私の希望の花は3分の1くらいの面積だった。写真の題材に良いミツバチが来ているのは、キバナコスモスの方だけだ。
どうやらミツバチは、「秋桜には蜜が少ない」ことを知っているようだ。


色々な種類のコスモスが植えてある。



アマチュア・カメラマンも大勢来ていている。
特に最近は高齢の女性が高級なカメラを持参して、熱心に撮影をしている姿を見掛ける。出来上がった写真を見たことは無いが、私より上手なのかもしれない。

私は「一写入魂」と他人には言っているが、実は性格的にも「早撮り」なのである。
家に帰って写真を整理している時に、いつも私は「あーすれば良かった」と後悔ばかりなのである。


「アオスジアゲハ」がやってきた。



(おまけの話)
中高の同級生と作っている「都心を歩く会」のメンバーに、久し振りに「ご機嫌伺い」のメールを出した。
最近の私は仲間の年齢を考えて、メールで「安否確認」をするようになった。
するとすぐに返信があり、「生きてはいる」が、やはり問題も抱えているのが分かる。

若い頃は「ご機嫌伺い」などせず、用件のみのメールだったような気がする。
明るい話の連絡が無いのが寂しいが、私だって同じなのだから仕方ないか。


岩の上で休む「シラサギ」



返信メールから抜粋すると『連絡が取れなくなって来る人達が増えている」、「友人が人工股関節を入れた」、「身体内部で徐々に疲労破壊を起している」、「原因不明の尿道炎になり、医者通いをした」、「高齢者講習の認知症検査にパスしたが、視力検査合格は難しそうだ」、「入院した」など、世間によくある老人問題が凝縮されていた。

そんな中で1人だけプロカメラマンのOさんからは、『今、アルバカーキから帰国します。空港で書いています、間も無く搭乗です』と書いて来た。元気だなー。でも懐かしいなー。かなり前に私はOさんに連れられて、ニューメキシコ州のアルバカーキに「世界バルーン大会」を見に行ったことを思い出した。Oさんは相変わらず、毎年10月には、アルバカーキに行っているんだー。


 鴨が3匹、揃って泳いで行った。



Kさんからのメールの最後に、趣味の水彩画のグループで『和田倉門に写生に来る』と書いてあったので、浜離宮の後に会いに行こうと思っていた。ところが数日前から天候がハッキリしない。そして前日になりメールが来た。

『明日の和田倉公園のスケッチは天候が不安定なため、残念ながら中止になりました。また、都心でのスケッチがありましたら、お知らせします』。せっかく久し振りにKさんに会えると思ったのに、残念であった。早く会わないと、お互いに「あの時が最後だったなー」となることがある年齢である。 


浜離宮で初めて「カワセミ」を見た。


コメント

  1. Shinji
    Shinji
    返信

    アオスジアゲハの写真はオレンジ色と黒のコントラストが鮮やかです。カワセミの写真は全体が落ち着いた渋いトーンで、味わいがあります。

  2. 山本英次
    山本英次
    返信

    高齢になるとお互いの「安否確認」は、3ヶ月に一度から、毎月にする必要がある。3月の間に何が起こるか判らない。今回も少し?返事が遅れたら、催促メールを頂いてしまった。その時知ったのが、S君の入院である。幸い大過なく元気でいるようだが、お互いに油断は出来ない。

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ