ブログ閉鎖中の話題(2014年4月26年)

毎年、この時期になると、日本橋高島屋で野田 弘志画伯の展覧会が開催される。
野田画伯は日本を代表する細密画の巨匠で、北海道伊達市に在住している。
画伯の永遠のテーマは「存在の美学」である。


野田画伯の最新作と画伯本人



私達夫婦が3年前まで毎年夏には伊達市のゴルフ場で3ヵ月を過ごしていた時に、同じゴルフ場の敷地内でご近所ということで、それ以来お付き合いをしている。
高島屋の展覧会にはいつも伊達市長を初め、多くの伊達市民が北海道からやって来る。


北海道伊達市の菊谷市長もお祝いに駆け付ける。



私は1年に1回のこの再会が楽しみで、欠かさずに出掛けている。
6階の展覧会場で作品を見て野田画伯に挨拶をしてから、8階に場所を移しレセプションが開かれる会場に行く。これも私の楽しみなのである。
出される料理が、高島屋特別食堂の名だたる名店のものだからである。


伊達市のHさんの娘もモデルになった。 オヤジは無理しても買い取るようだ。



翌日は日本の細密画のコレクションで有名な、ホキ美術館にみんなで行った。
【ホキ美術館】・・・・・・http://www.hoki-museum.jp/
そこは千葉県にあり、東京駅から外房線で「土毛(とけ)駅」下車で、更にタクシーに乗るというかなり不便な場所にある。


ホキ美術館の全景。 非常にユニークな形の建築である。



私も「土毛駅」などという名は初めて聞いた。
タクシーの運転手に聞いた話によると、バブルの頃に住宅街として開発され、一時はビバリーヒルズをもじって「チバリーヒルズ」と言われたこともある地域だという。
あの頃の日本人は狂っていたなー。


美術館の入り口



美術館に飾られている絵画はどれも素晴らしい。
野田画伯やそのお弟子さんの2名の女性の絵もあった。
細密画というのは少し離れて見ると、殆ど写真と変らない。
近くへ寄ると、そこで初めて絵だと分る。

私は絵に付いては全くの門外漢であるから、見学はそこそこにして伊達市の友人達と話をする。そして最近の伊達市の事情を聞いて、あまり変っていないことに驚くと同時に嬉しくなる。ただ、私が滞在していたゴルフ場は中国資本に買収され、それがリーマンショックで思惑が外れてしまい、中国資本が放置したまま荒れ果てている話は悲しい。


美術館の廊下



この美術館にあるレストランはお勧めである。
西麻布にある「アルポルト」というイタリアン・レストランのオーナーシェフの片岡護さんの弟子が出しているので、料理はかなりレベルが高い。
【アルポルト】・・・・・・・http://www.alporto.jp/access.html

ランチをここでとってから、その日の内に伊達市に戻る友人達と駅で別れた。
懐かしい人達でに出会えた2日間だった。年を取ると、懐かしいことが増えて来る。


  題名 「Man is ....... 」



(おまけの話)
展覧会の最初に伊達市長の挨拶があった。
続いて詩人のTさんが挨拶に立った。この祝辞がユニークだった。


題名 「沐」



Tさん『先日、ある会で皇后陛下にお目に掛かった。私は皇室反対論者であるが、現天皇ご夫妻は大好きである。その人柄が非常に好きだ。天皇制は不条理である。しかし人間社会は不条理であって、それを越えた悪魔の世界に芸術というものがある』


  題名 「窓」



『その作品を見て、悪魔に打ち勝つ存在があるかどうか?、無ければ作家が未熟であるということであるか、鑑賞者が分らないかのどちらかである。野田画伯はその存在があると私は思っている』。

・・・・なんだか非常に難解で、凡人である私には難し過ぎてよく分らなかったが、普通の祝典と違い哲学的であり、芸術家の祝辞はとにかく面白い。


「存在の美学」の北海道開催パンフレット


伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,399,878

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,399,878

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ