春が近づくと「花」の話題が増えて来る。
ビルに囲まれて雪も降らずただ寒いだけの東京では、公園の花の便りが心待ちとなっている。

「三寒四温」というが、近ごろは段々と春が近付いているような気配が感じられる。
少し前に「蝋梅」を見に行った浜離宮恩賜庭園では、そろそろ菜の花が咲いているだろうと思い出掛けて行った。


浜離宮恩賜庭園の「菜の花畑」



浜離宮恩賜庭園は我が家からも歩いて行けるので、天気が良い日には1人で歩いて行くことが多い。以前は我が家の窓から浜離宮恩賜庭園の「菜の花畑」が見えた。
それが2年ほど前に目の前にタワーマンションが建ってしまい、窓から見えなくなってしまった。

中央区は次々とタワーマンションが建設されるので、私と同じような目に遭っている人は多いだろうと思う。それは都会に住む宿命である。


  いまが丁度、見頃だった。



都道2号線の側道を歩いて行った。前の終末は春のような陽気だったのに、この日は冬に逆戻りとなってしまった。天気は良いので、それほど寒くは感じない。
庭園内は欧米系の観光客が大勢来ていた。

私は以前から感じているのだが、アジア系の観光客を見掛けない。
まだアジア系の観光客は、自然を愛でるというまでの心の余裕が無いのかもしれない。
「菜の花」は今が見頃のようで、来ている人も少なくて、写真を撮るには具合が良かった。


このロープの役目が分からない。立入禁止のロープではない。



菜の花の写真を撮っていたら、女房からLINEで連絡が入った。
画面を見て驚いた。親しくしていた親戚の男性が、急に亡くなったという知らせだった。12月に彼の家族と一緒に食事会を開催したばかりだった。

その時は特に体調が悪そうではなかった。
ただ多少、ボケ気味で、家族は困っているようだった。私が彼と話した時は、特にボケているとは感じなかった。「まだらボケ」だったのかもしれない。


梅林の地面にはモグラの穴がいっぱい。



家に戻って、女房から詳しい話を聞いた。
すると前日に昔の仲間との会合に出掛けて行ったが、夜8時になっても戻らないので心配していた。その後、渋谷警察署から連絡があり、『保護しているから、引き取りに来てほしい』とのことだった。
彼は恥ずかしいのか家に戻っても詳しい話をせず、夕食を食べてすぐに寝たそうだ。

翌日の朝に妻が見に行ったら、既に亡くなっていたそうだ。そうなると大変で、警察の検視官が来て事件性を確認する。
『葬儀は家族だけで、簡単に済ますので行わない』との連絡もあった。
私の理想とする亡くなり方だった。(合掌)


 紅白の花が1本の枝に咲く「おもいのまま」



(おまけの話)
春めいて来たので、そろそろ木場公園の横の水路の土手に植えられた「河津桜」が見られると思った。マンションの友人のFさんが楽しみにしているので、先ずは私が1人で下見に行って来た。

Fさんは私より6歳の年長者で、しかも「要介護2」で、自宅で自分で人工透析を行っているので足腰が弱っている。しかも1人住まいなので、あまり楽しみが無いようだ。
彼は花が大好きで、私の撮った花の写真を見るのを楽しみにしている。


 木場公園の中には河津桜は1本だけ。



Fさんは中央区から「タクシー券」が支給されているので、たまに私も彼と一緒に花の写真を撮りに行く。その為には私が事前に花の状態を見に行かねばならない。
まあ幸いに私は大した病気は抱えていないので、「出来ることはしてあげたい」と思っている。

あまり遠くはタクシー券が不足するので、木場あたりが一番遠い場所である。
そこで浜離宮の後に、木場公園に向かった。


 途中から見頃の並木となる。



「汐留駅」から大江戸線で「門前仲町駅」で降りる。
そして都バスで「木場公園駅」で下車して、数分歩く。
河津桜は木場公園の中ではなく、横を流れる水路の土手に植えられている。
土手に上がったら、花が全く咲いていない。花の蕾の先に、赤い花びらの先端がのぞいている。


 濃いピンク色の花が綺麗だ。



上流に歩いて行くと中間に橋があり、その先の河津桜は今回も昨年と同じように咲いていた。場所は離れていないのだから、同じ河津桜といってもDNAが違うのか?
歩きながら写真を撮るが、どうも盛りは過ぎているようで緑の葉が出て来ている。

橋の手前の河津桜は、あと1週間くらい先に満開になるだろう。
その時にはFさんを案内して、またここに来ることになりそうだ。


河津桜が青空に映える。



広い通りに出たらもう河津桜は無いので、木場公園内に入る。
そこが木場公園の中間で、道路を跨ぐ大きな木場公園大橋が目立つようにそびえ立っている。橋の手前にたった1本の河津桜があったが、まだ2分咲きくらいだった。

最近は万歩計が5000歩に近付くと、股関節が痛み出す。
ところがこの日は割合に調子が良く、万歩計を見たら1万1000歩を少し越えていた。
暖かで気持ちの良い1日だった。


 木場公園の中には河津桜は1本だけ。


伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,412,221

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

コメント

  1. Shinji
    Shinji
    返信

    梅、桃、梨、林檎、とみな桜に似た花なのに、桜が咲くとホッとするのは、日本人だけなのでしょうね。桜にまつわる、歴史、物語、伝説、お祭り、食事、と幾重にも重ねられたイメージが日本人の体内に蓄積されているようです。

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,412,221

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ