心の伊達市民 第一号

青梅に住む同級生に今回の私の「バスの旅」の話を連絡したら、思い掛けない返事があった。『あなたが青梅に来る日は私の誕生日です。一緒にお昼ご飯を食べましょう』。

これには少し困った。なぜなら青梅に午前中に到着するには、バスの時刻表によると「花小金井駅」を午前9時35分発に乗らなければ行けないのである。
それを逆算すると、なんと家を午前7時40分には出なければならない。
3日目のスタート地点は西武線「花小金井駅北口」である。朝7時30分に家を出た。


 「西武新宿駅」


しかし同級生の提案なので、「ランチを一緒にする」ことを受けることにした。
そして青梅からはそう遠くない豊田に住むY君にも事情を説明し、『青梅に来ないか?』と誘った。彼は気持ち良く『OK』と返信をくれて、『食事処には私の車で行きましょう』と言ってくれた。みんな暇を持て余しているようだ。
それでも「持つべきは友だ」と思ったのであった。


「青梅駅・車庫」行き都バス(花小金井駅)


花小金井北口発の都バスは定刻の9時35分に出発した。この時の乗客は私を含めて3人だった。バスは旧青梅街道を進む。前回、「うどん」を食べた「平作」の前を通り過ぎた。その先の西武線の線路を渡りバスは進んで行くと、その先の信号を左折すると私の会社のあった場所に行ける。久し振りに窓から見る風景に、懐かしさがこみ上げて来る。


私の好きだった「うどん屋・平作」が見えた。


バスはチョコチョコと停留所で止まるが、庶民の足なので乗り降りする人がかなりいる。もう花小金井駅で乗った乗客は私だけになった。
箱根ヶ崎に差し掛かり、亡くなった同級生のことを思い出した。
私がメンバーになっていたゴルフ場に行く時は、この信号を右折して彼の店の前を通過したのである。バスはそのまま進み国道16号線を越えると、JR八高線の線路を渡る。


「芋窪」とは、いかにも田舎風の名前のバス停


もうこの辺まで来ると「青梅圏」に入る。
道が広くなり、道路沿いにチェーン店の飲食店が増えて来る。
ところがバスは途中で右折した。すると急に街並みが田舎風になって来た。

ドンドンと田舎に入って行くような感じがした。そしてバスは「JR青梅駅」前の終点で止まった。そこには出迎えのSさんの姿が見えた。バカバカしい長いバスの旅だった。


  都バスは「JR八高線」の踏切を渡る


今回のバスの旅は3回に分けて行ったが、「果たして1日で青梅まで行けるか?」を調べてみた。これを調べるのは結構、面倒な作業となる。
先ず交通機関のサイトで「新島橋~青梅駅」を検索してみた。

すると『ご指定の条件では検索出来ませんでした』と表示が出てしまう。
そこで最初の「新島橋」の始発に乗り「築地」で降りる。そこから「四谷駅」への時間を調べる。これを順繰りに3日目の最終乗車地点の「花小金井駅北口」まで続けるのである。


 郊外に行くと、電柱と電線が目立つ。


その結果であるが、午前6時32分に自宅前を出発すると、「青梅駅」に12時33分に到着することが分かった。所要時間は6時間01分であった。
次に「勝どき駅」から「青梅駅」までを電車で行くと、どのくらいの時間で行けるかを調べてみた。すると午前6時38分の電車に乗ると、「青梅駅」に午前8時21分に到着する。

その所要時間は1時間43分であった。バスで行くと4時間18分も余計にかかるのであった。運賃は電車で行くと「1086円」で、バスの場合は通常料金で「1883円」だが、シルバーパスを使えるので運賃は「ゼロ」だった。まあこんなバカなことは、気力・体力からも今回が最後だろう。


青梅街道を右折すると、正面に「JR青梅駅」が見えた。


(おまけの話)
青梅駅に出迎えに出てくれたSさんには、事前に「昼飯は美味しい日本蕎麦」をリクエストしておいた。八王子からわざわざ来てくれたYさんの車で、奥多摩方面に向かう。

Sさんが『今日のガイドは俺に任せておけ』というので、黙って彼に従う。
御岳が近付いたところで、街道沿いの「ぎん鈴」という名の「音威子府蕎麦」を食べた。この店の歴史は100年だそうだが、特別に店構えに風格は感じられなかった。


 「ぎん鈴」の「音威子府蕎麦」


蕎麦を運んで来た女将が言った。『もうこの店も終りになる。後を継いでくれる人がいないから、「幻のソバ」になる』
私は『それは勿体ない。今では都会を離れて田舎で自営をしたい人が増えているから、誰か知り合いにネットで希望者を募集してもらえば大丈夫』と話した。

この日はSさんの誕生日だった。
私は女房から預かった、彼女の手作りの小銭入れやメガネケースをプレゼントした。
彼は後から私の家に電話して来て、私の女房に話していた。『日本には1億3000万人も人がいるが、私の誕生祝をプレゼントしてくれたのは奥さんだけです』。
昔は大型店舗の店長をしていただけあって、お世辞が上手だ。


  「白丸ダム」は放流していなかった。


日本蕎麦を食べた後は奥多摩観光である。
多摩川の上流にある白丸ダムが『最近の大雨で放流しているから、それを見に行こう』となった。しかしなぜかこの日は放流していなかった。
次は奥多摩の誇る酒蔵メーカー「澤乃井」の経営している、多摩川沿いのテラスである。

ここで私は多摩川の写真を撮り、次の目的地に向かった。
そこは青梅線の「河辺駅」近くの喫茶店で、Sさんの贔屓の店らしい。
その店で美味しいコーヒーを飲み、河辺駅から青梅特快に乗って乗換え無しで東京駅まで行った。帰りは早かった!


 「澤乃井」の多摩川沿いのテラスは涼し気だが、風が無く暑かった。


コメント

  1. Shinji
    Shinji
    返信

    東京都といえど奥多摩まで行くと緑豊かで、素晴らしいですね。音威子府蕎麦、はなんと読むのでしょうか?次の経営者、きっと見つかります!
    バスと電車の便利さ(時間に関してのみ)の差がよくわかりました。

  2. 山本英次
    山本英次
    返信

    H君のブログに準主役として登場できたYであります。7月に高齢者認知症検査に合格したものの、11月にある本番の高齢者講習に合格しないと免許の返上をしなければならないので、今回の青梅近郊ドライブは友人同乗最期の企画となりそうである。
    良い思い出を作ってくれたことに感謝しております。それにしても青梅は暑い!

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のアーカイブ